余った外貨を手軽に交換 「ポケットチェンジ」が東北・仙台空港に初登場!

余った外貨を手軽に交換 「ポケットチェンジ」が東北・仙台空港に初登場!

仙台国際空港に端末を設置

株式会社ポケットチェンジは2月25日、海外旅行で余った外貨を電子マネーやクーポンなどに交換できる端末「ポケットチェンジ」を仙台国際空港、たまプラーザなどに順次設置すると発表しました。

「ポケットチェンジ」仙台国際空港

「ポケットチェンジ」仙台国際空港

外国人の日本観光にお得・便利をプラス

同サービスは、余った外貨や紙幣を電子マネーやギフトコードなどに交換できる専用キオスク端末。日本人・外国人のどちらも利用できます。

全国の空港や駅、ホテルなど約30ヶ所にありますが、今回2月25日に仙台国際空港「みちのく観光案内」に設置されました。東北では初となります。

そのほかにも東急トラベルサロンではレミィ五反田店に続き、たまプラーザテラス店、二子玉川駅に設置される予定です。

10通貨、豊富なサービスバリエーション

通貨は10通貨に対応。日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンは、紙幣とコインの両方を扱い、台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・べトナムドンは紙幣のみ扱っています。

利用は、タッチパネルで交換先サービスを選択し、外貨を投入するのみ。画面で内容を確認すると、利用方法などが記載されたレシートがその場で発行されます。タッチ型の電子マネーは、カードやスマホをかざしてその場でチャージすることができます。

訪日外国人にも操作が簡単で、現地に戻ってから利用できる交換先サービスを豊富に用意。Unicefなどに寄付することも可能です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ポケットチェンジのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000034.000019691.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!