ecbo株式会社がJR上野駅の手荷物預かり所に「ecbo cloak」を導入

ecbo株式会社がJR上野駅の手荷物預かり所に「ecbo cloak」を導入

独自の荷物預かりサービスを山手線の各駅に展開

「荷物を預けたい人」と、「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を展開するecbo株式会社が、同サービスをJR上野駅の手荷物預かり所に導入すると、2月28日に発表しました。

同社は2017年11月からJR東日本の東京駅構内4か所、2018年12月から池袋駅構内1か所、品川駅構内2か所に同サービスを導入してきましたが、利用客の更なる利便性の向上を目指し、JR上野駅の手荷物預かり所にも展開していきます。

ecbo cloak

ecbo cloak

他エリア比で外国人利用割合が20%も多い上野

上野は他エリア比で外国人利用割合が20%も多く、それに伴いJR上野駅の利用者数も訪日外国人観光客も含め増加傾向にあるのです。東京オリンピック・パラリンピックの開催も2020年に迫る中、「ecbo cloak(エクボクローク)」は、多言語・事前予約対応していることで混雑の緩和にも貢献していきます。

「JR上野駅 不忍口改札外手荷物預かり所」の予約開始日は2月28日、導入開始日は3月2日になっており、料金は荷物サイズに関わらず一律800円/日・個(税込)です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ecbo株式会社 プレスリリース
https://ecbo.io/20190228_jruenost/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。