JR東日本のエキナカがシンガポールに!日本の食文化をグローバルに発信

JR東日本のエキナカがシンガポールに!日本の食文化をグローバルに発信

エキナカ世界進出初号店がオープン

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、今年春、シンガポール・チャンギ空港に隣接して開業予定の大型商業施設「Jewel Changi Airport(ジュエル チャンギ エアポート)」内に、飲食・物販複合型店舗「JW360°(ジェイダブリュー・スリーシックスティ)」を展開します。

飲食・物販複合型店舗「JW360°」

飲食・物販複合型店舗「JW360°」

エキナカの海外展開を加速

「JW360°」のブランドコンセプトは、「日本の旬と、出会う場所。」。レストラン、カフェ、食物販を通じ、「食」を中心とした日本の地域の魅力を、グローバルに発信します。

「レストラン酢重正之」では、素材の持つ旨みを最大限に活かし、シンプルで飽きのこない和食を提供。銅釜で炊いたご飯とオリジナルの味噌で作った味噌汁、日本の伝統に根ざしたおかずのほか、日本酒やワインも楽しむことができます。

また、「JW360°カフェ」では、インバウンドにも人気の抹茶を使用したスイーツやドリンク、日本の四季を感じるメニューなど、旬の日本を味わうことが可能です。

さらに、JR東日本ブランドによる地産品セレクトショップ「のもの(nomono)」が海外初出店。日本全国から選りすぐりの食品を揃え、地域の魅力を発信します。

今後、JR東日本グループは、海外でも「交通ハブ」を中心に、生活サービス事業を推進するとともに、同グループならではの地域活性化とインバウンド誘客に貢献していく考えです。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR東日本 プレスリリース
https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190305.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!