JNTOがマレーシア旅行博「MITM Penang2019」への出展団体を募集

JNTOがジャパン・パビリオンの出展を予定

日本政府観光局(以下、JNTO)が、マレーシア旅行博「MITM(MALAYSIA INTERNATIONAL TRAVEL MART)PENANG 2019」にジャパンパビリオンを出展することに合わせ、ブース出展及び資料出展団体の募集をしていると、5月10日に発表しました。

同旅行博は、華人系旅行業協会が主催となり7月6日と7日の2日間、マレーシア・ペナンで開催される予定。2018年には、およそ60,000人が来場しており、ブース出展及び資料出展団体は、日本の観光魅力を大きくアピールできる貴重な機会となります。

「MITM(MALAYSIA INTERNATIONAL TRAVEL MART)PENANG 2019」

「MITM(MALAYSIA INTERNATIONAL TRAVEL MART)PENANG 2019」

1ブースあたり最大で6平方メートルほどに

パンフレットなどの資料出展は、現地においてプロモーションを行えない団体向けのもので、送付重量は上限3kgまで、来場者の多くが中華系であることから、英語・中国語(簡体字)の資料を募集。

出展ブースに関しては、1団体2ブースを上限として、1ブースあたり4平方メートルから6平方メートルほどになる予定。日本時間5月22日12時が、出展申し込みの締め切りとなっています。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190510_6.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。