ロシアのSNS利用状況 | インターネット普及状況と利用動向・人気サービスは「VK」「Odnoklassniki」・マーケティング事例2件を紹介

ロシアのSNS利用状況 | インターネット普及状況と利用動向・人気サービスは「VK」「Odnoklassniki」・マーケティング事例2件を紹介

2018年の訪日ロシア人数は、前年比22.7%増の94,800人で過去最高記録を更新し、ロシア人のインバウンド需要が高まりつつあります。今回は、ロシアのインターネット利用状況をはじめ、SNS利用状況、モバイルアプリなどについて紹介します。


ロシアのインターネット事情・利用状況

日本のインバウンド市場において、近隣国であるロシアからの訪日外客数は増加傾向にあります。滞在日数では全国籍と比較して長期滞在する傾向があり、また日本でしたいことに関する調査でも多くの項目で全国石よりも意欲が高く、非常にポテンシャルの高い市場だと言えるでしょう。

こうしたロシアにおける、インターネットの普及状況や利用動向を紹介します。

ロシア人の76%がインターネットを利用

▲[「Digital 2019」 ロシアのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 ロシアのインターネット利用状況]:Digital 2019より引用
海外の統計サイト「Digital 2019」によると、ロシア人のインターネット利用率は76%(約1億900万人)を占めていることが分かります。この数値は世界平均値57%に比べて高い数値であるものの、日本のインターネット利用率は94%で日本よりは利用状況は低いです。

一方で、携帯台数は172%で一人あたり2台以上保有していることがわかります。インターネットの利用率も高いですが、アクティブなソーシャルメディアのユーザーの割合はまだ半数以下となっています。

ロシア語が翻訳できるサイト

訪日外客数は年々過去最高を更新し、2018年にはついに3,000万人を突破しました。こうした中、昨年1年間の増加率が高かった国の一つがロシアです。2018年の訪日ロシア人数は94,800人であり、2017年と比較して22.7%成長しています。日本を訪れる外国人の主要な国・地域のうち、2018年の訪日人数が2017年と比べて20%以上増加した国は、ロシアを除けばベトナム(2018年の訪日人数は389,100人)のみです。ロシアから訪日客が増えた理由の一つは2017年のビザ発給要件の緩和です。...


ロシアで人気のSNSランキング

ロシアでのアクティブなソーシャルメディアユーザーはまだ半数程度であり、今後の普及状況によっては、新たなコミュニケーションチャネルの確立が期待できます。

ここでは現在ロシアのインターネットユーザーのアクティブな利用率の高いソーシャルネットワーキングサービス(SNS)について、「Digital 2019」の統計をもとに、ランキング形式で紹介します。

上位に、他国とは異なるSNSがランクインしているのが特徴です。

1. YouTube

各国で人気のYouTubeですが、ロシアでも最も普及したSNSとなっています。ロシアのインターネットユーザーの85%がアクティブに利用しています。

2. VK

▲[「Digital 2019」 ロシアSNSランキング]:Digital 2019より引用
▲[「Digital 2019」 ロシアSNSランキング]:Digital 2019より引用
「Digital 2019」の統計によると、SNSの利用率でトップは「VK」(ヴィーケイ、ロシア語: ВК=ヴェーカー)です。

ロシア版のFacebookで、正式にはV Kontakteという名称です。

VKの利用率は83%であり、Facebookの39%をはるかにしのぎます。

VKはロシア語以外にも英語や日本語など世界80カ国語以上に対応し、ロシア人以外ではウクライナ人などが利用していることで知られています。

3. Odnoklassniki

VK(ヴェーカー)のライバルともいえるSNSが「Odnoklassniki」(アドナクラースニキ、ロシア語で同級生たちの意味)です。

ロシアのインターネットユーザーの55%がアクティブに利用しています。ロシアだけでなく、ウクライナやキルギスタンなどでも使用されています。

ユーザーには、大学生や大学卒業して間もない若者が多いそうです。 

SNSを活用したプロモーション・集客事例2選

ロシア人のSNS利用状況について、VKが人気のSNSであることが分かりましたが、まだ日本での活用事例がありません。実際に日本のインバウンドにおいて、サービスが似ているFacebookを活用したプロモーション事例を紹介します。を行っています。 

1. UNIQLO

▲[UNIQLO]:Facebook公式ページより引用
▲[UNIQLO]:Facebook公式ページより引用
「UNIQLO」(ユニクロ)は、国内外で展開する有名な衣料品小売チェーンです。Facebookの活用例として、ローカライズオフィシャルページを作成し、英語、中国語、韓国語、フランス語など多言語対応し、画像と動画を盛り込みながら、商品やセール情報を配信しています。

また、オンライン上だけでなく、国内の実店舗では免税店対応や通訳スタッフの配置を行うなど、インバウンド対策を積極的に行っています。

2. プレミアムアウトレット

▲[プレミアムアウトレット]:Facebook公式ページより引用
▲[プレミアムアウトレット]:Facebook公式ページより引用

「プレミアムアウトレット」は、国内外のブランドを取り扱った全国9箇所で展開するアウトレットモールです。 Facebookは、日本語と英語のページを作成しており、英語のページは週に1~2回程度の更新をしています。

主な投稿内容は、店舗や商品の紹介に加え、セール情報や施設内レストランの情報です。とりわけ、Facebook内で各種クーポンを配信し、購買意欲の喚起に繋げるような工夫が施されています。 

アパレル・アウトレットモールのSNS・ソーシャル活用に関するインバウンド対策事例集

アパレル・アウトレットモールはどうやってSNS・ソーシャルをインバウンド集客やインバウンド対策に活用すべきなのでしょうか?「Facebook上では多数のローカライズオフィシャルページを開設するユニクロ フィリピンでは150万件超のいいねを獲得」など、各社・各団体の先行事例を集めてみました。


ロシアのSNSを利用して効果的なマーケティングを

ロシアでは、欧米や中国を除くアジアで普及しているFacebookやInstagram、TwitterといったSNSはあまり普及しておらず、国産のSNSがアクティブに使われているということがわかりました。

訪日旅行でしたいことが多く、訪日旅行時の一人当たり消費単価が全国籍・地域よりも高い点からも、訪日ロシア人市場は今後成長していくと考えられます。こうした状況は、ロシア人向けのSNSマーケティングの必要性の高さを示唆していると言えるでしょう。

ロシア人向けのSNSを利用したマーケティングでは、普及しているSNSが何であるのか、そしてそれぞれの特性やユーザー層はどんなものであるのかを理解して活用すること必要となってきます。

ロシアで実際に利用されているサービスは別ではあるものの、Facebookなど世界的に利用されているSNSを活用した成功事例にはSNSマーケティングの本質が含まれています。こうした本質を読み解くことで、訪日ロシア人を対象とした場合にも効果的なSNSマーケティング施策を打っていくことができるでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!