【台湾特化】インバウンド誘致のための情報サイト「インバウンド大学@台湾」が公開&講義開始

公開日:2019年09月30日

台湾企業「ネクストツーリズムコンサルティング(中国語社名:華旭顧問股份有限公司、台湾台北市)」は、9月30日、台湾人のインバウンド誘致のための情報サイト「インバウンド大学@台湾」』をプレローンチしました。台湾と日本をつなぐ同社だからこそ集められる、台湾旅行業界のリアルなデータ・誘致術を公開するとのこと。

インバウンド講義を公開

インバウンド大学@台湾」は10月中旬に正式ローンチを予定しています。それに先駆け、各種ウェブ講義を公開開始するとのこと。

  • 「現地発!もっと知りたい台湾」片倉佳史(武蔵野大学客員教授、台湾在住作家)
    • 台湾人を呼ぶためには、台湾人の本質を理解することが重要。20年以上台湾に住んでいる片倉氏による、ガイドブックには載っていない、生活に根付いた姿を紹介します。
  • インバウンド客増加のための観光マーケティング入門」後藤直哉(株式会社makes代表取締役、法政大学 地域創造システム研究所 特任研究員)
    • どのようなビジネスでも、「マーケティング」は大切な最初の一歩。「観光行為」を促すための「観光マーケティング」に特化して、解説していきます。
  • 「台湾人観光客をあなたの店へ招く方法」新津研一(一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 代表理事・事務局⻑、株式会社USPジャパン 代表取締役社⻑)
    • 旅行において観光客の楽しみのひとつが「ショッピング」。小売店における戦略・施策立案方法を通して、飲食店やサービス業、宿泊業などにも通じる「ショッピングツーリズム」の神髄をお見せします。
  • 「台湾人にアピールするオウンドメディア構築術」萩本良秀(DeepJapan エグゼクティブ・ディレクター)
    • WEBサイトやSNSの活用は、もはや当たり前の時代。効果を最大限に発揮するオウンドメディアを作るには、台湾人の心をつかむ見せ方には何が必要なのか?を解説
  • 「使えるモノを見極める!インバウンドデータ活用最前線」篠原好孝(Vpon JAPAN株式会社 代表取締役社⻑)
    • データの取捨選択眼と、活用法が問われる時代となりました。そのデータはあなたのビジネスに何をもたらすのか、ビジネスのために何のデータが必要か、活用法を徹底解説。
  • 「自治体、企業はどう動いた?彼らのインバウンド実践」田熊力也(株式会社mov〈訪日ラボ〉インバウンド研究室 室⻑)
    • 全国の自治体や企業などは、インバウンド事業にどのように取り組んでいるのでしょう?まだ過渡期ともいわれるインバウンド業界だからこそ、他者の実践は、自分の姿を映し出してくれる鏡になります。成功へのヒントを、ここから見つけ出してください。
  • 「台湾人の旅行観を探る インタビュー 日本の台湾人」
    • 各界で活躍している在日台湾人の方々に、それぞれの日本旅行観を聞いてゆくインタビュー連載。


インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。