2020年の航空会社ランキングTOP20!シンガポール航空をやぶったNZ航空「環境保護目線」が奏功?

公開日:2019年12月04日

2019年11月25日、航空会社の安全性評価及び航空業界に関する各種ニュースを配信する「AirlineRatings.com」は、2020年の航空会社ランキングを発表しました。

このランキングは12項目の審査基準を基に7名の編集者による厳格な審査を経て発表されたもので、航空会社の安全性やサービスの品質が一目で分かるものとなっています。

関連記事
世界の航空会社ランキング2019まとめ
トリップアドバイザー「2019年航空会社ランキング」


AirlineRatings.comとは

AirlineRatings.comは、航空会社の安全性評価及び航空業界に関する各種ニュースを配信するウェブサイトで、航空業界の最新情報だけでなく歴史的資料や写真・映像資料、更には登録した読者が投稿する評価なども見られます。

各国の航空会社を比較したり、航空業界に関する知見を得たい場合には非常に有用なデータベースとなるでしょう。

2020年の航空会社ランキングとは

AirlineRatings.comは航空会社ランキングを毎年発表しており、今回は最新となる2020年版のランキングが発表されました。昨年までは上位10位の発表に留まっていましたが、今年からは上位20位までが発表されています。

審査には合計200年以上の業界経験を持つAirlineRatings.comの編集者が7名携わっており、運用機体の年式、乗客からの評価、収益性、投資評価、商品価値、乗務員間の連携などをはじめとする12項目の審査基準を一つずつ厳密に審査し、総合順位を決定しています。

【最新版】世界の航空会社ランキング2019まとめ|ベストエアライン・LCCなど部門別に徹底解説

2019年、世界の航空会社ランキング最新版が発表されました。イギリスの航空関連のコンサルティング企業で格付け会社でもあるスカイトラックス(Skytrax)が、2018年9月から2019年5月の間に300社以上の航空会社を利用する2,100万人以上の投票を通じて格付けしたデータをもとに、世界の人気航空会社ランキングを解説します。また、スカイトラックスとは別で作成しているトリップアドバイザーのランキングも合わせて紹介します。目次航空会社ランキング(1)2019年ワールド・ベストエアライン トッ...

【最新版】2019年航空会社ランキング発表、1位はシンガポール航空、おもてなし日本勢JAL・ANAは世界で何位?

旅情報の口コミサイト「トリップアドバイザー」は2日、トリップアドバイザー上で旅行者に高く評価されたエアラインを表彰する「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン2019」を発表しました。「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン2019」は、2018年1月~2018年12月の1年間にトリップアドバイザー上に投稿されたエアラインの口コミの質、量、および5段階評価をもとに集計したもの。世界1位に輝いたのは、2018年に引き続きシンガポール航空、日本のベストエアラインには3年連続でJAL(日...


2020年の航空会社ランキングを紹介

それでは、AirlineRatings.comによる2020年の航空会社ランキングを紹介します。

  1. ニュージーランド航空(ニュージーランド)
  2. シンガポール航空(シンガポール)
  3. 全日本空輸(ANA)(日本)
  4. カンタス航空(オーストラリア)
  5. キャセイパシフィック航空(香港)
  6. エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
  7. ヴァージン・アトランティック航空(英国)
  8. エバー航空(台湾)
  9. カタール航空(カタール)
  10. ヴァージン・オーストラリア航空(オーストラリア)
  11. ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)
  12. フィンエアー(フィンランド)
  13. 日本航空(JAL)(日本)
  14. KLMオランダ航空(オランダ)
  15. 大韓航空(韓国)
  16. ハワイアン航空(米国)
  17. ブリティッシュ・エアウェイズ(英国)
  18. アラスカ航空(米国)
  19. デルタ航空(米国)
  20. エティハド航空(アラブ首長国連邦)

長距離路線の快適度ランキング

2020年の航空会社ランキングと合わせて、長距離路線の快適度ランキングトップ4も発表されました。ランキングは以下の通りです。

  1. デルタ航空(米国)
  2. ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)
  3. エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
  4. キャセイパシフィック航空(香港)

低価格の航空会社ランキング

2020年の航空会社ランキングと合わせて、低価格の航空会社ランキングトップ4も発表されました。ランキングは以下の通りです。

  1. ジェットブルー航空(米国)
  2. ウィズエアー(ハンガリー)
  3. エアアジア・エアアジアX(マレーシア)
  4. エア・アラビア(アラブ首長国連邦)

2020年の航空会社ランキングを解説

2020年の航空会社ランキングでは、ニュージーランド航空シンガポール航空から首位の座を勝ち取りました。

最も多くの航空会社がランクインした国は米国で、ハワイアン航空、アラスカ航空、デルタ航空がそれぞれランクインしています。日本からは全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)がランクインしました。

また、国内航空部門と空港ラウンジ部門ではオーストラリアのカンタス航空、ファーストクラス部門ではシンガポールのシンガポール航空がそれぞれ首位となっています。

ニュージーランド航空が1位を獲得した秘訣

ニュージーランド航空は、今回を含めて6回に渡り航空会社ランキングの首位に立っています。ニュージーランド航空は安全性乗務員の意欲などが評価されただけでなく、過去10年間に業界平均を上回る22%燃料消費量や二酸化炭素排出量を削減し、環境問題対策においても高い評価を得ました。

受賞についてニュージーランド航空のCEOであるジェフ・マクドワル(Jeff McDowall)氏は「世界で通用する搭乗体験を提供することに日々全力を尽くした、12,500名のスタッフによる努力の結果だ」と述べています。

ニュージーランド航空、絵文字で旅行先を提案する斬新なサービスを発表

[ニュージーランド航空 日本地区]ニュージーランド航空は、ニュージーランド国内の多様な観光スポットを、絵文字で検索するオンライン・プラットフォーム「#絵文字ジャーニー」を本日発表しました。このプラットフォームをご利用いただくには、ニュージーランド航空公式FacebookおよびTwitter内の「#絵文字ジャーニー」の記事に、ニュージーランドで体験してみたい休暇をイメージした絵文字をコメントしていただきます。選択された絵文字によって、それぞれの方が関心を持たれるようなアクティビティや観光スポ...

観光税312億円はいかにしてニュージーランドを救うのか?日本や主要6か国の類似制度も紹介

英・インデペンデント誌によると、7月1日、ニュージーランドで長年導入を検討されていた観光税の導入がついに開始されました。観光旅行税にかんする新たな規定は、オーストラリアや南太平洋諸島の国民、政府関係者、トランジットビザを持つ訪問者等を除く、ニュージーランドを訪れるほぼ全ての来訪者が対象で入国時に35ニュージーランドドル(約2,500円)が課されます。目次入国時に35ニュージーランドドル(約2,500円)を徴収いつ誰がどうやって支払う?免除対象は?日本の観光税はいくら?各国の旅行税1. アメ...


日本からも2社がランクイン

日本からは2大航空会社である全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)がそれぞれ3位と13位にランクインしました。

3位にランクインした全日本空輸(ANA)ボーイング787をいち早く運用したことやボーイング777Xのローンチカスタマーとなったこと、機内サービスや和食をはじめとする機内食にも力を入れていることが大きく評価されたと言います。

ANA、ANAウェブサイトの国際線航空券の支払いにペイパル採用

目次12月12日より開始ペイパルとは12月12日より開始全日本空輸株式会社(ANA)は12月12日、ANAウェブサイトの国際線航空券の支払い方法にペイパル(PayPal)を採用しました。国際線航空券の支払いに、世界で2億5,000万以上のアカウントを持つペイパルが採用されたことにより、訪日外国人の利便性向上が期待されます。「ペイパル」ペイパルとはペイパルは、オンライン決済をより安全かつ便利に行うためのサービスです。ユーザーは、ペイパルに新規登録(無料)し、クレジットカードやデビットカード、...

激増訪日中国人客へ…ANA国際線機内放送とスマホ動画による旅マエ・旅ナカ 中国インバウンド新企画立上げ

ANA × JFNasia[株式会社ジャパンエフエムネットワーク]ANA国際線機内放送とスマホ動画による旅マエ・旅ナカ 中国インバウンド新企画立上げ平成29年10月26日報道関係各位株式会社ジャパンエフエムネットワーク激増訪日中国人客へ…ANA国際線機内放送とスマホ動画による旅マエ・旅ナカ 中国インバウンド新企画立上げ株式会社ジャパンエフエムネットワーク(東京都千代田区:代表取締役社長 黒坂修)が中国で展開しているインバウンド施策「JFNasia」では、ANA国際線機内メディアサービスを運...


インバウンド関連企業が重視すべき「おもてなし」指標は顧客目線で

全日本空輸(ANA)が機内サービスへの高い評価から第3位にランクインしていますが、利用者が重視する領域でいかに高品質のサービスを提供できるかどうかは、全ての訪日外国人と接する業種において重要なポイントになるでしょう。

特に日本は、IOC総会におけるオリンピック招致プレゼンテーションにて滝川クリステル氏が述べた「おもてなし」が注目されたように、おもてなしの国として諸外国からも知られています。「訪日外国人」とひとくくりにせず、それぞれの国や文化を踏まえてニーズと合致した対応を提供することで、日本に来る様々な外国人の「おもてなし」への期待に応えることができるはずです。

<参照>

AirlineRatings.com:https://www.airlineratings.com/news/airline-ratings-names-best-airlines-2020/

CNN:https://www.cnn.co.jp/travel/35145940.html

Forbes:https://www.forbes.com/sites/ericrosen/2019/11/27/the-2020-list-of-the-worlds-best-airlines-is-out-now/#3baa872016e3



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!