【2/26無料セミナー@青山】外国人留学生を活用したインバウンド人材セミナ―:外国人採用ノウハウや採用後の定着方法をお話します

公開日:2020年02月14日

2020年東京オリンピック開催に伴い、多くの訪日外国人観光客が訪れることが見込まれます。また、来年には2021年はワールドマスターズゲームズと呼ばれる、原則30歳以上の方なら参加登録さえすれば出場できる生涯スポーツの国際総合競技大会が関西で開催予定です。

大会の開催期間には、日本全国でインバウンド需要が拡大されると期待されています。 また、こういったスポーツの国際大会が日本で開催されることにより、スポーツに関心の高い人はもとより、世界各国で日本の知名度が向上し、開催後も引き続き外国人観光客が増えると予想されます。

事実、イギリスや中国などこれまでにオリンピックが開催された国々では、大会終了後にも観光客が増えているというデータがあります。ただし、施設や店舗に外国人観光客が来るかどうかは、それぞれのPRや受け入れ環境の整備に左右されます。

準備を進めたいが適切な人材が足りていないという場合には、外国人人材の採用が解決方法となり得るでしょう。それでも、「外国人採用をしたいが、何から始めたらいいのかわからない」といった課題を抱えている企業は少なくはありません。

外国人採用を始めてみようと考えている企業には「外国人紹介をするだけの人材会社」ではなく、外国人採用についてのノウハウや採用後の定着方法についても知識が必要になります。

今回は外国人採用や留学生を活用した人材活用のセミナーを実施いたします。言語対応ができるスタッフの採用、モニターやリサーチ、研修の実施、SNS等による情報発信といった様々な取り組みを紹介いたします。

【2/26無料セミナー@青山】外国人留学生を活用したインバウンド人材セミナ―

今回のセミナーは訪日ラボと学生情報センター アイ・サポートが共催します。

訪日ラボからは「インバウンド市場の現状」について、複数のデータを元にお話いたします。

また、学生情報センター アイ・サポートからは「外国人留学生の人材対策」を詳しくご紹介させて頂き、留学生の強みを活かし様々な課題の解決やニーズにお応えできる場となっています。

インバウンド市場動向を知りたい方、実際に外国人採用に対してどう手順を行っていくか決まっていない方にとっても、参考になる内容です。

さらに、質疑応答の時間も設けております。休憩時間や終了後には、インバウンド担当者同士で情報交換もしていただけます。

こんな方におすすめ

    • インバウンド施策を検討しており基礎知識を得たい方
    • 外国人採用に関心がある方
    • 外国人を採用しており、インバウンド対策に興味がある方

    このような考えをお持ちのインバウンド担当者の方に、このセミナーは大いに役立つでしょう。

    このセミナーに参加申し込みする

      開催概要

        【日程】2020年2月26日(水)15:00~17:00(受付14:45〜)

        【会場】株式会社 学生情報センター

        住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル15F

        【参加定員】30名(1社2名まで、応募多数の場合は抽選となります)

        【参加費用】無料

        【備考】当日は名刺を頂戴いたします。

        ※競合他社様の参加はご遠慮ください。

        スケジュール

        14:45 受付開始

        15:00~15:45 講演<登壇者>mov 田熊 力也氏

        15:50~16:40 講演<登壇者>株式会社学生情報センター 田中 裕 氏

        16:45 名刺交換

        17:00 終了

        このセミナーに参加申し込みする

        登壇者の紹介

        株式会社mov 訪日ラボ インバウンド研究室 室長 田熊力也

        海外専門旅行会社で勤務の後、大手家電量販店(ビックカメラ)に就職。

        2014年からインバウンド部署を立ち上げ、インバウンドに関係する広告・プロモーション・旅行博・SNSなどを年間で300件以上の施策を実施。免税売上を1年で昨年比10倍以上の数百億円を達成。

        その後、中国インバウンドに特化したビジネスを展開。訪日ビザ取扱の中国旅行会社やWiFiレンタル会社と提携し、訪日旅行の顧客と接点を持つ広告ビジネスを展開。百貨店や商業施設などのコンサルタントを経て、日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」のインバウンド研究室の室長として、日本の観光活性化の為にインバウンド情報を様々なカタチで届け、普及活動につとめている。

        株式会社学生情報センター アイ・サポート事業本部 留学生支援部部長 田中裕氏

        新卒で大手金融会社の入社。その後、ネット系ベンチャー数社を経て、株式会社トモノカイに就職。

        留学生支援事業を一から立ち上げ、4年目には売上2億近くまでの規模に事業を拡大。主に外国人留学生のアルバイトを中心とした就業支援を事業のドメインとし、留学生の強みを活かした様々なソリューションサービスやプログラムを開発。民間企業だけでなく、行政や教育機関などに展開し、留学生の活躍の場の拡大に貢献。

        インバウンド関連にも多言語スタッフの供給だけでなく、留学生の外国人目線や情報発信力などの強みを活かしたソリューションサービスを展開。

        更に事業を拡大するため、2018年10月より東急不動産グループ内の学生情報センターに活躍の場を移し、留学生支援部の部長として、留学生が当たり前に活躍できる社会の創造のため、日々活動を行っている。

        このセミナーに参加申し込みする

        関連インバウンド記事

         

        役にたったら
        いいね!してください

        この記事の筆者

        訪日ラボ編集部

        訪日ラボ編集部

        訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!