withコロナ時代の温泉スタイル?オーエスによる「J-ONSEN」プロジェクト始動!観光庁実証事業公募案件準拠 [PR]

インバウンド・観光業界に大打撃を与えたコロナ禍ですが、将来的に観光業が復興することを見据え、安全・安心といった情報発信や、ステイホームだからこそ楽しめるコンテンツの発信が求められています。

例えば、自宅でくつろぎながら旅行気分を味わえるということで注目されているコンテンツの一つに「オンライン旅行」が挙げられます。

また、観光庁が観光復興策の一環として公募中の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業も、今後インバウンド関連事業者にとっては注目するべき政策でもあります。

日本政府による「GoToキャンペーン」も始動しつつある中、withコロナと呼ばれる時代だからこそ、安全性と将来的な誘客促進を両立させるようなPR戦略こそ今後の観光・インバウンド復興には必要です。

今注目されているオンライン旅行と、観光庁による観光復興事業、そしてこれからの時代のインバウンドプロモーションについても考えながら、今回は中国マーケティング支援事業を行っているオーエスが、8月1日から本格的にスタートさせる「J-ONSEN」プロジェクトを紹介します。

「J-ONSEN」プロジェクト始動に至った背景

今回の「J-ONSEN」プロジェクト始動に至った背景を紹介します。

スタートラインに戻ったプロモーション戦略

「中国向けプロモーションは1カ月でやり方が変わる」と言われています。withコロナ時代のプロモーションはその変化にいっそうの拍車をかけています。その点で、中国向けプロモーションは、まさにスタートラインに戻ったといっていいでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大によって訪日外国人は激減し、インバウンド業界は大打撃を受けていますが、もう一度原点を振り返り、日本のインバウンドを支えてきた中国人観光客を迎えるために、今から準備を進めなければなりません。

日本でしたいコト

温泉は、中国SNS上の「日本でしたい事」に関する100万件の情報の中での「体験・イベント」のランキングで2018年、2019年、連続でBEST3に入っている人気の体験コンテンツです。

中国SNSで「日本でしたい事」の口コミ100万件の情報を元にが多かった体験・イベントのランキングトップ30
▲[中国SNSで「日本でしたい事」の口コミ100万件の情報を元にが多かった体験・イベントのランキングトップ30(トレンドExpressがウェイボーの投稿から分析。)]:企業プレスリリース

現代の中国人は癒しを求めています。特に一線都市で働く20代から30代の若い世代は、日常生活では仕事に追われ癒されたいという欲求が非常に高くなっています。

そのうえで日本の温泉が人気である主な理由として、

  1. 日本の温泉は「お肌がつるつるになる」といった女性にはうれしい効能が得られる。
  2. 日本の温泉は日本酒風呂やワイン風呂、いちご風呂など日本でしか入れないような珍しい温泉体験が出来る。
  3. 雄大な景色を見ながら浸かる露天風呂で心身共に癒される。(日常からの現実逃避)
  4. 温泉街や冬に湯船に立ち上る湯煙の様子など、日本文化的な様子がSNSでの写真映えがする。

といったことが挙げられます。

意外に少なかった温泉特化情報

日本は言うまでもなく温泉の宝庫で、環境省によると日本全国でその数は3,155か所(参考:環境省「温泉利用状況」)にも上ります。国内外からのニーズとして大きなポテンシャルがあったにもかかわらず、これまで意外にもインバウンド向けの温泉に特化した番組やコンテンツは決して多くありませんでした。

今回の「J-ONSEN」は、日本観光を待ち望んでいる中国人に日本の温泉の魅力を発信していきます。また、中国人観光客(主に個人旅行客)に地方の温泉地に分散して旅行をしてもらうことによって、コロナ禍でダメージを受けている地方観光地の活性化に寄与できるものと考えています。

コンテンツオンライン旅行のポテンシャル

コロナ影響下にある世界情勢の中で、現実に旅行に出向くことは困難であります。ただ、一方で、ステイホームの時代であるからこそ、新たに注目されるコンテンツも誕生しています。

その一つに、オンライン旅行が挙げられます。自宅に居ながら、あたかも旅行をしている気分が味わえるコンテンツで、特にVRなど映像技術の発達した現在では、ますますのニーズの高まりが期待されます。

withコロナ時代の温泉スタイル?オーエスによる「J-ONSEN」プロジェクト始動!観光庁実証事業公募案件準拠

「J-ONSEN」プロジェクトの概要について説明します。

観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業とは

令和2年6月26日に観光庁から公表された施策であり、広範囲な国・地域からの来訪客を受け入れる基盤の整備と、新たな生活様式に沿った旅行スタイルに対応した着地整備の観点から、

地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)等が観光イベント・観光資源をより安全で集客力の高いものへと磨き上げるために実施する実証事業を公募し、これらの実証事業の支援を行うことを通じて、我が国における誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成に向けた取組の方向性の調査・検証を行います。(公表資料https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics08_000147.htmlより引用)

というものです。

将来的な誘客促進を図るものの、新たな生活様式を強く意識した、安全性と誘客プロモーションの両立を図ったコンテンツ造成やイベントに対する助成事業です。

一過性のイベントに終始するものでなく、半永続的に、かつ現地でしか体験できない温泉という日本の魅力を「J-ONSEN」プロジェクトを通じて世界中に発信していきます。

「J-ONSEN」とは?

「J-ONSEN」プロジェクト プレスリリース画像
▲[「J-ONSEN」プロジェクト プレスリリース画像] :企業プレスリリース

株式会社オーエスが運営する日本最大級の訪日中国人向けWeiboメディア「微日本(ウェイリーベン)」での主要コンテンツの一つとして、日本の温泉のスペシャリスト・北出恭子(きたで・きょうこ)氏が温泉観光地を、360度カメラで撮影し、VLOGで紹介する温泉を中心とした短編動画番組をスタートさせます。

「J-ONSEN」プロジェクトイメージ
▲[「J-ONSEN」プロジェクトイメージ]:企業プレスリリース

  1. 短編動画制作(1分~3分)、本編動画制作(15分~20分)、温泉地攻略記事作成、動画配信、攻略記事投稿がパッケージになっています。
  2. 初年度は、施設のホームページや観光サイトなどで二次利用可能
  3. 動画配信、記事投稿のレポート報告付き
  4. パッケージ料金:270万円(税別) 
  5. オプションで動画や記事の拡散も可能 

「J-ONSEN」プロジェクトの流れ
▲[「J-ONSEN」プロジェクトの流れ]:企業プレスリリース

「温泉」そのものを紹介の中核内容にし、自然の音や映像美を通じ、温泉への関心を高めるコンテンツに仕上げます。

微日本(ウェイリーベン)とは

微日本の紹介画像
▲[微日本の紹介画像]:企業プレスリリース

日本最大級 訪日中国人向けWeiboメディア。2020年6月現在、144万人のフォロワー数を持ち、「新しい日本や知らなかった日本に出会う」をコンセプトとして、中国本土からの訪日旅行者向けにショッピング情報はもちろん、ユニークで可愛い日本の「モノ」やファッション・カルチャーといった日本の「コト」体験、さらに、日本の美しい四季の風景や観光スポットなど、バラエティーに富んだ新トレンド情報を「日本の代弁者」として、中国へ発信し続けています。

【微日本】

  • URL:https://www.weibo.com/officialjp
  • フォロワー数:1,446,721人以上(2020年7月2日時点)
  • トータル投稿数:12,820投稿(2020年7月2日時点)
  • 月間IMP数 :5,000,000IMP以上

【「微日本」広告メニュー】

  • タイアップ記事広告
  • タイアップ動画広告
  • ライブ配信広告
  • WEBアンケート調査広告
  • クーポン配信広告

媒体資料ダウンロード:https://www.china-ad.jp/

<微日本 紹介記事>

フォロワー143万人以上!Weiboメディアアカウント「微日本」から、全国地方自治体の新型コロナ対策情報を無料で発信!

中国マーケティング支援事業を行っているオーエスは、日本最大級の訪日中国人向けWeiboメディアアカウント「微日本(ウェイリーベン)」の運用業務を2020年6月1日からスタートしました。日本の観光業界も経済再建に向けて徐々に動き出している最中ですが、訪日外国人の受け入れに関してはまだ具体的な再開目処が立っていないのが現状です。ただしアフターコロナを見据えた情報発信活動は、国外旅行の再開時に旅行先に選定してもらえるよう、今後も継続して行っていく必要があります。その中でも2019年度の訪日者数9...

    温泉ソムリエ・北出恭子氏

    温泉ソムリエ・北出恭子氏
    ▲[温泉ソムリエ・北出恭子氏]:プレスリリース

    「J-ONSEN」での番組内メインMCを務める北出恭子氏です。日本屈指の温泉家として、また、温泉タレントとして各種メディアでもご活躍され、観光関連団体においても主要役職を務められている方です。

    温泉家・北出恭子(おんせんか・きたできょうこ)プロフィール

    国内外の温泉を年間300湯以上めぐる温泉専門家。温泉ソムリエアンバサダーをはじめ多数の温泉資格や知見を活かし、メディア出演や講演を中心に温泉の魅力を積極的に発信し続けている。また、温泉地自治体や企業と連携し、温泉を軸とした地域資源の創出や温泉地づくりをサポート。大学非常勤講師や観光行政の委員も務めている。スプリングラボ合同会社CEO。著書「九州絶品温泉、ドコ行こ?(ペガサス出版)」 。

    【所属組織】

    特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構理事、一般社団法人 ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構・ONSEN アンバサダー、九州観光推進機構九州温泉道選定委員、山口県観光審議委員、別府温泉地球博物館研究員、環境省“チーム新・湯治”チーム員、日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会員、日本温泉地域学会会員等

    https://kitade-onsen.com/

    まとめ

    この「J-ONSEN」は日本の温泉に特化したオンライン旅行コンテンツです。番組動画を通じて、視聴者に日本温泉の良さを再度認識してもらい、自宅に居ながら癒しの空間を提供し、将来的には J-ONSEN で紹介した温泉地の各種イベント開催や、番組内で紹介した特産品の越境販売なども行い「番組視聴」⇒「オンライン体験」⇒「訪日体験」までを繋げていければと思います。

    また、中国最大のSNS「微博Weibo)」を主軸メディアとして、訪日中国人に向けたプロモーションというコンセプトでありつつも、他の旅行情報SNSや中国以外を対象とした動画メディア(馬蜂窩、Youtube、Facebook)にも並行展開していくことで、汎用性の高いメディアコンテンツに仕上げていきます。 

    お問い合わせ先

    株式会社オーエス

    TEL:03-3982-5611

    FAX:03-3982-5641

    E-mail:info@china-ad.jp

    担当:インバウンド事業部 高橋 

    会社概要

    会社名 :株式会社オーエス

    所在地 :〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-41-8 I・O・Bビル7階

    法人代表:代表取締役 織田 光一

    設立  :2003年12月12日

    事業内容:インターネット関連広告事業、WEBサイト制作事業、WEBメディア事業、インバウンド支援事業、コスト削減事業

    資本金 :100,000,000円(2019年1月1日現在)

    URL  :https://oscorporation.com/

    関連インバウンド記事

     

    役にたったら
    いいね!してください

    この記事の筆者

    訪日ラボ編集部PR

    訪日ラボ編集部PR

    訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス、訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!