ベルギー、EU域内の往来再開へ 観光目的も対象 感染者減少踏まえ

ベルギー連邦政府は2021年4月14日、新型コロナウイルスの感染拡大が収まりつつあることを受けて、緩和計画の再開を発表しました。緩和計画では、4月19日にEU域内の余暇や観光などの必要不可欠でない渡航の禁止措置の解除も盛り込まれています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

ベルギーで観光も含めたEU域内往来再開へ

ベルギー連邦政府は、2021年4月14日に、新型コロナウイルス感染者の数が減少していることなどを理由に、イースター休暇前に一時停止していた緩和計画の再開が発表されました。

まず、4月19日にはEU域内において観光目的での往来禁止措置を解除することを発表しました。

また、65歳以上の高齢者の7割へのワクチン接種が完了し、医療機関の状況が改善されることを条件に、5月8日からカフェ、レストランで屋外の営業を可能とすることなどの措置を含む「屋外計画」を開始すると発表しました。

ただし、EU域外からのベルギーへの入国には、引き続き、出発前72時間以内に受診したPCR検査の陰性結果証明の提出、14日間の自主隔離の実施、渡航者位置特定フォームの提出などが義務化されています。

また政府は、禁止措置は解除されたものの、観光目的など不要不急の渡航はできる限り控えるよう呼びかけています。

さらに政府は、特定の地域でワクチンの接種率が低いことに言及し、副反応が起こるケースはまれだとして、積極的なワクチン接種を呼びかけました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
JETRO:緩和計画を再開、必要不可欠でない渡航禁止の解除も(ベルギー)
JETRO:EU理事会、域内外の移動に関する新たな制限措置を勧告

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!