この記事は約5分で読み終わります。

カナダのEC市場規模

pfsweb.comの調べによると、2015年のカナダのEC市場規模は270億ドルとなり、前年比16%の成長と遂げています。経済は安定しているものの、物流面で課題が大きいことから成長率は低めの市場となっています。また国内ECでの買い物よりも越境ECでの買い物のほうがメジャーとなっており、オンライン購入者の67%が海外(うちアメリカ62%、中国19%)から商品を購入しています。

 

カナダのインターネットインフラ

Number of internet users in Canada from 2000 to 2016 (in millions)

Number of internet users in Canada from 2000 to 2016 (in millions)

statista.comによると、カナダの2015年のインターネットユーザーは3100万人となり、人口3600万人に対して86%がインターネットを使用していることになります。人口の17%がオンラインで買い物をしており、ミレニアル世代(18〜34歳)の30%は週に一度は何らかのモバイルデバイスで買い物をしています。

 

人気の高い支払い方法

オンライン購入者のほとんど(93%)がクレジットカードによる支払いを選んでいますが、カナダ版のPaypalとも言えるInteracでの支払いが2番目となっています。(7%)

 

カナダの運送事情

カナダで一番ネックとなるのは運送網が整っていないということでしょう。他の先進国と比較した場合に、配送までの時間が長くかかる、配送料が高い、税金が高いなどの問題点が存在します。

 

カナダで人気のSNSは?

Penetration of leading social networks in Canada as of 4th quarter 2015

Penetration of leading social networks in Canada as of 4th quarter 2015

statista.comのデータによると、2015年第4四半期時点でカナダの中で持っとも利用者数の多いソーシャル・ネットワーキングサービスはFacebookで、続いてFacebook Messenger。3位がTwitter、4位Instagram、5位Google+、6位Skype、7位Pinterest、8位Linkedin、9位WhatsApp、10位SnapChatとなっています。アメリカと同様にマーケティングツールとしてはFacebook広告が効果を発揮しそうです。

 

カナダで人気のECサイトは?

Amazon.ca

Amazon.ca

Amazon.ca

https://www.amazon.ca/

アメリカのワシントン州シアトルに本拠地を構えるEC、Webサービス企業。1994年にジェフ・ベゾスによって創業され、2014年時点でアメリカ以外に13カ国でサービスを展開。カナダ版アマゾンから購入してもアメリカからの発送となる場合が多いため、配送に時間がかかる。

eBay.ca

eBay.ca

eBay.ca

http://www.ebay.ca/

1995年創業で、アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本拠地を構える。インターネットオークションの世界最大手のサイトであり、月額費用を支払う事でebay内にストアを持つことが可能。こちらもアマゾンと同様にアメリカから発送となる事が多いため、配送に時間がかかる。

shop.ca

shop.ca

shop.ca

http://www.shop.ca/

2011年創業のトロントをベースとする企業で、日用家電、家具、おもちゃ、ファッション用品、ジュエリーなど27のカテゴリーの商品を扱っています。2016年6月に一度破産申請をしています。

walmart.ca

walmart.ca

walmart.ca

http://www.walmart.ca/

アメリカのウォルマートのカナダ版サイト。家具、家電、ゲーム、ファッション、自動車用品など幅広い品揃えです。

bigmall.ca

bigmall.ca

bigmall.ca

https://bigmall.ca/

およそ200のストアが集まったオンラインモール型サイト。アパレル、本、DVD、日用家電、ジュエリー、ペット用品など、殆どの商品がカナダの小売店が販売する商品となっている。

Ebates Canada

Ebates Canada

Ebates Canada

https://www.ebates.ca/stores

650ものストアが集まったオンラインモール型サイトで、アウトレット商品の販売が特徴。サイトトップにブランド一覧で何%引きで販売しているかなどの情報がでているのが特徴。

 

まとめ

カナダのEC事情としてはアマゾンやeBayがあるものの、配送がアメリカからとなる場合が多く消費者の利便性は低いようです。近年はカナダ市場での越境EC向けに、簡単にECサイトを始められるShopify、3dcart、WooCommerceなどが登場しています。
2011年にはアメリカから商品を発送する形で越境ECを行っていたザッポスが送料などの問題でカナダから撤退しており、中国の保税区を利用した越境ECのように、現地に在庫を抱えるなどの方法で配送時間を大幅に短縮するなど出来れば勝機があるかもしれません。

<参照>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…