JR東日本は、このほどインバウンド受け入れ対応策をまとめました。

多言語対応アプリの導入

ひとつは、地震や列車事故などの災害時の避難誘導や、輸送障害が発生した際の振替輸送などの案内に用いるため、JR東日本各駅に配備しているタブレット端末に、日本語・英語・中国語・韓国語での情報提供ができるアプリを搭載することにしました。

まずは主要駅と呼ばれる、東京・品川・新宿・成田空港駅など「サービスマネージャー」を配置している49駅に試験導入を行います。

その後他駅にも順次拡大、列車にも搭載し乗務員も車内にて案内・誘導等その時にあわせた業務に使用できる予定とのことです。

 

無料Wi-Fi(JR-EAST FREE Wi-Fi)

つづいては無料Wi-Fiの拡大です。

現在はJR東日本が整備しているインバウンド向けWi-Fiサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」は、主要41駅と5ヶ所の訪日旅行センターに設置しているのみですが、これを拡大します。

3月25日からは、大宮・仙台・新青森など新幹線13駅、在来線34駅、合計47駅に無線LANスポットを整備し、すでに整備済みの駅を含め、合計88駅にてWi-Fiのサービスを提供します。

このほか成田エクスプレス車内やJR東日本グループが運営しているアトレ・ルミネなどのショッピングセンター、ホテルなどでも順次Wi-Fiが利用できるとのことです。

無料Wi-Fiはガーラ湯沢スキー場でも展開するとのことで、スキーやスノーボードなど、ウインタースポーツで日本を訪れる外国人旅行客には嬉しいニュースかもしれません。

ほかにも、YouTubeの公式チャンネルなどに、IC乗車券「Suica」やJR EAST PASS(訪日外国人向けきっぷ)の購入方法や利用方法、を説明した動画を掲載、駅・列車のりようマナーの動画を作成し、公開することとしています。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…