先日、6月23日(木)〜6月26日(日)に行われた「Visit Japan FIT Travel Fair #9 2016 Summer」の現地視察に行ってきました。今回は現地の様子についてご紹介しようと思います。

FIT(Visit Japan FIT Travel Fair)とは

FIT会場の俯瞰

FIT会場の俯瞰

タイの首都バンコクはフワイクワーンで開催される一般向けの旅行即売会・国際観光見本市です。訪日観光に特化した旅行即売会で、年2回、6月末頃と10月末ごろに開催されています。例年の開催場所はCentral Plaza Grand Rama 9というショッピングモールの吹き抜けになっている催事エリアです。

FITの詳細はこちらの記事(FIT(Visit Japan FIT Travel Fair)とは:タイで開催の訪日旅行に特化した国際観光見本市:訪日ラボ)を参照下さい。

FIT(Visit Japan FIT Travel Fair)現地の様子

今回の開催では例年通り30ブースほどが出展していました。その内約半数が日本からの出展で、他半数がタイ現地の旅行関連会社からの出展でした。

日系旅行代理店の出展

日系旅行代理店の出展

日本からの出展は

  • 自治体:沖縄県、静岡県、和歌山県
  • 旅行代理店:HIS、JTB(※恐らく現地法人が出展)
  • 航空会社:JAL

などの旅行業界企業、地方自治体がブースを出していました。JNTOの出展規則により、その場で旅行商品を販売することが出来ないので、もっぱらプロモーションに徹しているという様子。

タイ現地旅行業者は即売がメイン

タイ現地旅行業者は即売がメイン

タイからの出展は、

  • 旅行代理店
    • 来場者への訪日旅行アドバイスや、その場での旅行商品の即売会
  • 通信会社
    • 海外対応SIMカードやモバイルWi-Fiのプロモーション
  • その他
    • 日本で使えるタイ語対応のカーナビプロモーション

などを行っていました。

タイ人来場者のピークは午後から

15時ごろにはFITはこの盛況

15時ごろにはFITはこの盛況

現地視察に行ったのは6月24日(土)と6月25日(日)の2日間。FITの開催時間は10時〜20時で、視察したのが土日ということもあり午前中から混雑し始めました。混雑ピークは14時〜18時頃で、人混みのレベルは「通勤時間ピークを過ぎはじめたぐらいの山手線」といったところ。会場を回るには人混みをかき分けなければならないほどになります。

JNTOのブースではチラシやパンプレットの配布、訪日旅行の相談会

JNTOブースに置かれていた日本のインバウンドビジネス関連企業のチラシやパンフ

JNTOブースに置かれていた日本のインバウンドビジネス関連企業のチラシやパンフ

JNTOのブースでは日本の観光地やホテル、ナビアプリのチラシ・パンフレットが配布されていました。タイ人来場者も気になるものは一通り手に取って行っている様子。そのため、チラシやパンフレットの配布だけでもある程度リーチできそうです。

また、相談会ブースでは常時30名程度の列ができているほど盛況で、ガイドブックや持参の日程表を持って具体的な質問が飛び交っていました。

その他のブース

FITが訪日関連の旅行商品に特化したイベントであるだけあって、ブースからの呼び込みへは好反応。特に、タイの旅行会社のブースではJNTOのブース同様に、タイ人来場者自らが積極的に質問に行っており、訪日意欲の高さを伺わせます。

タイ人来場者はアンケートにも快く対応

また、会場ではアンケートの記入を求めているのをよく見かけました。JNTOブースの長蛇の列に並んでいる最中にJNTOがアンケートを実施しており、細かいアンケートにも熱心に書き込んでいる姿が見られました。

タイから出展している団体のブース付近でもアンケートをとっていました。日本からの出展ブースではそのような様子は見られなかったので、JNTOの出展規約で日本からの出展団体はアンケートを禁止している可能性もあります。

 

まとめ:FITのコンパクトさが効率的なプロモーションを可能に

FITの開催エリアは、会場がショピングセンターということもあって比較的コンパクトです。その分、大規模な国際観光見本市と違って、タイ人来場者が全てのブースを回ることもできそう、という印象を受けました。

そのため、来場者へのリーチ率もかなり高い可能性が高く、FITへの出展は有意義になりうると思われます。

会場のセントラルプラザはユニクロやオニツカタイガーを始めとした日系店も多く、日本人気を窺い知れるので、まずは視察に行ってみるといろいろな収穫があるでしょう。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…