インドネシアのEC市場規模

インドネシアのEC市場規模推移:statista.comより引用

インドネシアのEC市場規模推移:statista.comより引用

statista.comのデータによると、インドネシアのEC市場規模は年々成長を続けており、2016年に52億ドルに達する見通しとなっています。

インドネシア政府としてもEC市場は成長産業と考えているようで、2016年2月には財・サービスのオンライン取引の規制に関するロードマップを公表し、その内容によると1,000億ルピア(※日本円で約8億)以上の投資であれば、外国企業のEC市場への100%出資による参入を認める考えを示しています。

 

インドネシアのインターネットインフラ

statista.comの調べによると、インドネシアのインターネット普及率は2016年時点でも28%程度と予想されており、他のアジア諸国に比べて低めになっています。インドネシアは2億5000万人の国民のうち、7100万人がインターネットのアクティブユーザーとなっており、スマートフォンの利用者は昨年で約5,500万人とされており、人口に対する普及率は約22%です。

しかしアジア太平洋地域におけるスマートフォン利用者数では、約5億2580万人の中国、約1億6790万人のインドに次ぐ数字となっており、StatCounterの調べによると、2015年12月時点のインターネットトラフィックのうち約71%がモバイルからによるものでした。

 

インドネシアの交通インフラ

JETROが2014年に行った調査によると、進出した日系企業が指摘するインフラ改善要望として一番多いのが道路が91.6%と最大で、港湾
56.9%、通信47.0%となっています。

インドネシアのジョコ政権は「海洋国家構想」を掲げ、地域間の格差を是正し、均等の取れた発展を目指しています。首都ジャカルタの交通渋滞は世界最大規模とも言われていますが、今のところ地下鉄、モノレールなどの大量輸送手段が発達していないために、慢性的な渋滞という問題の解決には時間がかかりそうです。

 

インドネシアで人気のSNSは?

インドネシアのモバイルユーザーは2014年には世界の中で最もアプリをダウンロードしており、インドネシアのFacebookユーザー数は、2015年に世界最大となる6300万人。最も使用されているメッセンジャーアプリは、日本では馴染みの無いBlackBerry Messenger、WhatsAppがよく利用されており、次いでLINE、Facebook Messengerなどが利用されています。

こうした数字から、インドネシアのインターネットユーザーを取り込むには、モバイルサイト、モバイル機能、アプリの開発が重要となるでしょう。

 

インドネシアで人気のECサイト

数多くのECサイトがひしめくインドネシアですが、地元に根ざしたサイトの人気が高く、楽天は2016年2月に発表した「Vision 2020」の中で、2020年までにインドネシア、シンガポール、マレーシアにおけるマーケットプレイスサイトを順次閉鎖して行く考えを示しています。楽天はC2Cモバイルアプリの「Rakuma」を展開していくようですが、果たして受け入れられるでしょうか。

Lazada Indonesia(ラザダ)

Lazada Indonesia(ラザダ)

Lazada Indonesia(ラザダ)

インドネシアで最も有名なB2Cのオンラインモール型のサイト。ドイツのRocket Internet社が運営するサイトで、電化製品などのほか、ファション、スポーツ用品も取り扱う。マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、シンガポールでもサービスを展開。

MatahariMall(マタハリモール)

MatahariMall(マタハリモール)

MatahariMall(マタハリモール)

インドネシアの財閥グループのLippo Group(リッポーグループ)が運営するマーケットプレイス型のサイト。ファッション、美容、健康、電化製品、ホーム用品、食料品、本など幅広く扱う。

Bhinneka(ビネカ)

Bhinneka(ビネカ)

Bhinneka(ビネカ)

コンピューター、タブレット、サーバー、ソフトウェアなど電子機器に特化したECサイト。14年もの歴史があり、楽器やおもちゃなども扱う。

BliBli(ビリビリ)

BliBli(ビリビリ)

BliBli(ビリビリ)

2011年創設のオンラインショッピングモール。インドネシアの財閥グループであるDjarum Group(ジャルムグループ)が運営している。

Zalora Indonesia(ザオラ)

Zalora Indonesia(ザオラ)

Zalora Indonesia(ザオラ)

ドイツのRocket Internet社運営するファッション用品、靴などを中心に扱うファッションECサイト。Lazada(ラザダ)同様にマレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、シンガポールでもサービスを展開。独自ブランドなどもラインナップしている。

Tokopedia(トコペディア)

Tokopedia(トコペディア)

Tokopedia(トコペディア)

インドネシアでは圧倒的な知名度を誇るオンラインマーケットプレイス型のサイト。個人でもビジネスユーザーでも簡単にオンラインストアを無料で初めることが出来る。

Bukalapak(ブカラパク)

Bukalapak(ブカラパク)

Bukalapak(ブカラパク)

こちらもインドネシアでは有名なC2Cのマーケットプレイス型サイト。最近ではトコペディアのライバルとしても注目されている。

 

まとめ

インドネシアのEC市場規模は、2020年までに1,300億ドルにまで拡大すると考えられており、中国、インドに次ぐ大きな市場となります。交通インフラの発達は遅れていますが、インターネットユーザー数の多さ、スマートフォン利用者数の多さから考えても魅力的な市場と言えます。

<参考>

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…