この記事は約4分で読み終わります。

近年増加傾向にある訪日米国人観光客は、どれくらい日本に滞在して、どのような所に宿泊しているのでしょうか。データから、訪日米国人観光客の好みを探っていきます。

 

以前の訪日米国人観光客の宿泊日数

平成22年度の訪日外国人観光客全体の平均宿泊日数は6.7泊となっています。宿泊日数が最も短いのは訪日韓国人観光客で4.6泊、その次が訪日香港人観光客で4.8泊。一方、ドイツは14.8泊、ロシア15.7泊、フランス15.9泊と国によって宿泊日数に差異が認められます。

その中で訪日米国人観光客の宿泊日数は11.9泊と比較的長い宿泊数で、ゆったりと時間をかけて日本を観光していく人が多いという特徴が表れています。

以前の宿泊日数の分布

平成22年度の訪日米国人観光客の宿泊日数を分布で見ると、3日以内が8.1%、4~6日が23.3%、7~13日が38.4%、14~20日が14.3%、21日以上が15.9%となっています。東アジアからの訪日外国人観光客の多くは、4~6日宿泊して帰っていく人が多い傾向にあり、安く短期間で旅行を行うのに対して、訪日米国人観光客やヨーロッパ圏の訪日外国人観光客は、7~13日かけて日本を観光する人が多い傾向にありました。

このデータを具体的な人数で表すと、平成22年度の訪日米国人観光客は72万人ですので、3日以内の人は5万8000人、4~6日の人が16万7000人、7~13日の人が27万6000人、14~20日の人が10万人、21日以上の人が11万人となります。

 

現在の訪日米国人観光客の宿泊日数

平成28年度の訪日外国人観光客全体の平均宿泊数は5.8泊となっています。訪日米国人観光客の宿泊日数は8.8泊となっており、依然として平均宿泊数より高いですが、以前と比べると滞在日数が低下している事が分かります。

これは、近年訪日外国人観光客の数が増加し、気軽に日本を訪れる人が増えたためです。腰を据えて日本全国を観光する人の割合が減り、各地の観光名所だけを見ていく人の割合が増えていると思われます。

現在の宿泊日数の分布

訪日米国人観光客の宿泊日数を分布で見ると、3日以内が14.5%、4~6日が32.3%、7~13日が33.6%、14~20日が9.5%、21日以上が10.1%となっています。平成27年の訪日米国人観光客の総数は約103万人でしたので、3日以内の宿泊日数の人が約15万人、4~6日が33万人、7~13日の人が34.6万人、14~20日の人が9.7万人、21日以上の人が10万人いることになります。

 

宿泊日数別に傾向を分析

平成22年と平成27、28年のデータを比べてみると、宿泊数が14~20日の人、21日以上の人の数は、それぞれ10万人前後で変化していませんが、宿泊数が3日以内の人が3倍、4~6日の人の数が2倍、7~13日の人が1.25倍になっています。

このことから、長期間日本に滞在してじっくりと日本を観光していく人の数は変化せずに、短期間滞在する気軽な観光客が増えていることが分かります。訪日外国人観光客が増えた理由としては、訪日する時にビザの必要がなくなった国が増えたことと円安の影響の2つが考えられます。アメリカも90日以内の観光なら訪日する際にビザの取得が必要ない国ですので、訪日米国人観光客が日本を訪れやすい環境ができていると言えます。

宿泊日数から割り出す観光客の動向

平成27年の訪日米国人観光客の宿泊者数は、約387万人となっています。この数には、同じ人が複数回宿泊した数も含まれており、場所別では、東京都に宿泊した人が164万人、京都に宿泊した人が46万人、大阪に宿泊した人が27万5000人、神奈川に宿泊した人が23万人となっていて、数多くの訪日米国人観光客が日本に滞在していることが分かります。

また、都道府県別に宿泊した人の割合を比較すると、東京:京都:大阪が164:46:27で、おおよそ6:2:1の割合となっています。訪日米国人観光客は、平均して8.8泊日本に滞在していきますから、東京に6泊、京都に2泊、大阪、神奈川に1泊という割合で宿泊する人が多いことが分かります。

また、布団や畳など日本式の風情を楽しめる旅館と、ベッドとシャワーなど落ち着いた気分になることのできるホテルでは、どちらの方に人気があるのかという調査では、訪日米国人観光客の内、ホテルに宿泊した人の割合が83.5%、旅館に宿泊した人の割合が24.2%となっており、日本式の風情を楽しむより、ベッドなどの落ち着いた環境を好むことが分かっています。

 

まとめ:ここ数年の訪日米国人観光客の増加は、短期間旅行者の増加によるもの

ここ数年で、訪日米国人観光客は増加傾向にありますが、2週間以内の旅行者の数が大多数となっています。訪日米国人旅行者は、アジアからの旅行者と比べると長期間滞在する人が多く、その中で多くの旅行者は、東京を拠点として、京都、大阪、神奈川などを回ります。

長期間の滞在になる場合は、旅館などのように、日本式の施設を楽しむという側面よりも、落ち着きや休息といった役割を重視したホテルの方が好まれるようです。宿泊日数自体は、11.9泊から8.8泊へと減少傾向にありますが、訪日米国人観光客の総数は増加しており、訪日米国人の総宿泊数は平成22年度の865万人から平成27、28年度の906万人へと増加しています。近年の動向が続くのならば、これからも多くの訪日米国人観光客が訪れる事が見込まれることでしょう。

<参考>

訪日米国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…