訪日外国人観光客の旅行ルートに大きく影響する交通機関。駅や空港では多言語対応、旅行しやすいチケットの販売などが進められています。訪日外国人観光客は言うまでもなく日本のルールや言葉に不慣れなため、利用促進をはかるうえでは非常に重要な取り組みです。

平成28年(2016年)7月20日、日本全国の高速バス事業者の提携による「JAPAN BUS LINES協議会」が設立され、高速バスでも積極的なインバウンド対策が行われるようになりました。

鉄道や航空機とは異なり、バスには訪日外国人観光客の増加に合わせて稼働台数を増加させたり、新規ルートを開拓したりすることが比較的容易にできるというメリットがあります。交通機関には人の流れを作り出す効果があるため、これまで交通の便が悪かったことから、インバウンドビジネスのチャンスに恵まれなかった地域にも訪日外国人観光客が訪れるようになる可能性があります。

今回は、高速バスの動向を中心に、国内の交通機関で行われているインバウンド対策についてご紹介します。

 

全国の高速バス事業者が提携し、乗り放題で利用できる「JBLパス」

日本全国の予約制の高速バスが乗り放題で利用できる「JBLパス」.png

日本全国の予約制の高速バスが乗り放題で利用できる「JBLパス」.png

「JAPAN BUS LINES協議会」は、予約、購入の難しい高速バスの利用促進を目的に日本全国59社の高速バス事業者が提携した団体。2015年9月に「JAPAN BUS LINES準備会」が発足し、約1年にわたって訪日外国人観光客が利用しやすいサービスの仕組みづくりが検討されていました。国内の要所要所をひとっ飛びで移動できる航空機とは対照的に、「日本国内を隅々まで簡単・便利・安心に移動できる仕組みを提供する」ことを目標としています。

「JAPAN BUS LINES協議会」が販売する「JBLパス」は、日本全国の予約制の高速バスが乗り放題で利用できるもの。約100路線を対象としており、北海道から九州まで移動することができます。

有効期間によって価格が異なり、7日間は2万円、14日間は2万8000円で販売されます。あらかじめ綿密な旅行プランを組み、短期間で日本を満喫したい訪日外国人観光客というより、日本を長期間滞在して、あちこちを見てまわりたい訪日外国人観光客向けの商品だと言えるのではないでしょうか。

「JAPAN BUS LINES協議会」は同時に、日本語に不慣れでも高速バスを利用できるように、バス設備用のピクトグラムや翻訳ガイドラインを制作することについても検討を進めています。なお、詳細についてはこちらの記事でも取り上げています。

<関連記事>

 

鉄道、バスが乗り降り自由の「JAPAN RAIL PASS(ジャパンレールパス)」

実際の「JAPAN RAIL PASS」 現在では表紙デザインは異なる:blue-works.comより引用

実際の「JAPAN RAIL PASS」 現在では表紙デザインは異なる:blue-works.comより引用

JRグループ6社は共同で、鉄道やバスなどを乗り降り自由で利用できる「JAPAN RAIL PASS(ジャパンレールパス)」を販売しています。特急や急行だけでなく、一部の新幹線も利用することが可能。寝台車などの特殊な車両も追加料金を支払うことで、乗ることができます。

7、14、21日間の3種類があり、さらにグリーン車用、普通車用、大人、子どもに分かれており、利用ケースに合わせて購入することが可能です。「普通車、大人、7日間」のパスの価格は2万9,110円。子ども用の場合およそ半額になり、グリーン車用の場合、1~2万円上乗せされます。

 

地方空港にもテコ入れ:負担を軽くして、インバウンド対策できるように

まだ確定してはいませんが、羽田空港と地方空港を結ぶ航空路線の料金が、大幅に値下げされる見込みです。平成28年(2016年)8月29日、国土交通省がこの方針を決定したこと明らかになり、2017年度予算の概算要求に関連費用を盛り込んだと報道されています。

現在、国が管理している地方路線の一部は、着陸料金が25~80%軽減されており、料金の引き下げ幅をさらに拡大させる予定。特に便数が少ないほど、軽減する方針のため、今まで人の流れの少なかった地域まで足を運ぶ観光客が増加しそうです。

また、訪日外国人観光客の誘致に積極的な地方空港を対象に、国際線の着陸料を最大3年間無料にする制度も導入されます。この制度を利用した函館空港では平成28年2016年)10月から、新規就航する国際線の着陸料金が無料に。空港の負担が軽くなるため、訪日外国人観光客の誘致が活発化することが予測されます。

 

まとめ:訪日外国人観光客が国内を移動しやすい仕組みづくり

バス、鉄道、航空とさまざまな交通機関で、訪日外国人観光客が利用しやすい仕組みづくりが行われています。訪日外国人観光客の滞在期間は、1週間以上と長いケースも多く、国内を快適に移動できる環境を整えることで、旅行をより楽しんでもらえるようになります。

価格の引き下げはもちろんですが、バスや電車で顕著なのは、乗り放題チケットの販売。一度買ってしまえば、自由に移動できるようになるため、特にいろいろな場所を見てまわりたい訪日外国人観光客には人気が出るのではないでしょうか。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…