年々、訪日外国人観光客が増えるにつれて、インバウンドビジネスに参画する企業も増えつつあり、それにともない、インバウンド業界におけるマーケティング手法が確立しつつあります。

現在、インバウンドマーケティングにおいては、訪日外国人観光客の行動について「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」、すなわち訪日旅行前、訪日旅行中、訪日旅行後にフェーズわけをした上で、それぞれの段階ごとに適切なアプローチをすることが重要となってきています。

今回は、その「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」のうち、「旅アト」について徹底解説していきます。

旅アトとは?

旅アトとは、インバウンドマーケティングにおいては、母国に帰国し、訪日旅行の余韻にひたる期間です。お土産を配ったり、旅行の様子や感想をまとめてSNSなどに投稿したりする段階です。期間としてはおおよそ訪日旅行後1ヶ月間程度になります。

旅マエ・旅ナカ・旅アトの各フェーズ解説一覧/旅アトについて

旅マエ・旅ナカ・旅アトの各フェーズ解説一覧/旅アトについて

旅アトは、訪日旅行後に旅行の思い出を整理していきます。インバウンドマーケティングにおいては、訪日した外国人観光客のリピーター化、またはその訪日外国人観光客がSNSなどで友達に旅行の様子をシェアすることで、新たな訪日客の創出をするのに大事な期間になります。

旅アトでの訪日外国人観光客の行動

旅アトの訪日外国人観光客の行動は、旅ナカで購入したもの、経験したものの整理をしていきます。自分向けのお土産を使ってみたり、友人・知人向けの訪日土産を配りながら、旅行の感想などを話したり、または写真などを整理しながら旅行の様子をSNSでシェアします。

 

旅アトを狙ったプロモーション戦略

旅アトは、母国に帰国したあとの期間です。この概念がうまれるまでは、インバウンドプロモーションは「いかに集客するか」「いかにもてなすか」、つまり旅マエ・旅ナカの施策に終始していました。

しかしながら、SNSでのシェアによる集客訪日経験者のリピーター化の重要性のピックアップ、そしてさらに越境ECの登場により、旅アトのプロモーション施策の重要性が高まってきています。

旅アトにインバウンドプロモーションをすべき業種とは

旅アトにプロモーションをすべきは、SNSなどでの口コミ拡散による新規訪日外国人顧客(次の旅マエ)の創出、およびリピーター化が重要になるようなもの、または越境ECで帰国後の訪日外国人観光客にアクセスできるようなインバウンドビジネスです。

具体的には

  • 小売店(越境EC)
  • 宿泊施設
  • 旅行代理店

などが対象となります。それぞれ、

  • 小売店(越境EC)
    • 旅ナカで手に入れそびれたものの購入や、旅アトで改めて行ったところを整理したり調べたりしたうちに知った商品の購入
  • 宿泊施設
    • 訪日旅行の満足度を左右する宿泊施設での体験は、口コミやSNS上でのシェアの対象になりやすい
  • 旅行代理店
    • 訪日旅行の満足度を口コミやSNS上でのシェアをしてもらうことで、新規顧客の創出、およびリピーター化

といった背景があります。キーポイントは、SNS拡散、リピート化による、次の訪日外国人観光客の創出です。

旅アトを狙ったプロモーションの効果的な時期とは

旅アト期間は、訪日旅行の思い出が色濃く残っている、帰国後1ヶ月程度です。そのため、前述であげたような業種は、ターゲットとなる国や地域の訪日客ピーク後10ヶ月に合わせて積極的なプロモーションを仕掛けることが効果的です。

また、旅マエ期間の旅行前1ヶ月〜4ヶ月以上前にリターゲティングをすることも旅アトプロモーションとしては効果的です。

リターゲティングとは、もともとWEB広告用語で、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその後の行動を追跡し、再度広告を表示させる広告のことです。インバウンドマーケティングにおいても同様に、旅マエ期間において訪日旅行経験者向けのプロモーション施策はリピーターの創出に効果的です。

それぞれの国の訪日客のピークについては、以下の記事でインバウンドカレンダーとして詳細に解説しているので、参照下さい。

 

旅アト向けに効果的なプロモーション手法とは

プロモーションのうち、広告においては、ターゲットがどのようなかたちで情報に接触しているかを分析し、そこにアプローチをすることが効果的な戦略となります。

旅アトは、帰国後1ヶ月程度の訪日旅行の印象が色濃く残っている期間です。そして、SNSなどで訪日旅行の写真や感想をシェアしたり、旅ナカで買いそびれたもの、旅アトに発見した日本の製品を越境ECで購入したりします。そのため、ターゲットとなる訪日外国人観光客が接触するメディアなどの情報源は

  • SNS
  • 口コミサイト
  • 越境ECサイト
  • 旅行番組

などが主だったものとなります。それぞれ、どのような目的で接触するかについては、

  • SNS
    • 訪日旅行の感想や写真をまとめてSNSに投稿・シェアをする、またその投稿を見た友人の訪日旅行需要の喚起
  • 口コミサイト
    • 旅ナカで訪問した小売店、飲食店、観光地の口コミ情報の投稿
  • 越境ECサイト
    • 旅ナカで買いそびれたもの、旅アトに発見した日本の製品を越境ECで購入
  • 旅行番組
    • 自分が訪問したところを振り返るべく、追って旅行番組をみることもある

などが考えられます。

これらの媒体への接触目的と自社のビジネスを照らし合わせて、どの媒体に広告を出すべきかを判断することが重要です。また、広告などのプロモーションの目的は、次の訪日客の創出、つまりまだ日本に来たことのない外国人、そして訪日旅行経験者のリピーター化にあります。

そのため、いかに訪日旅行が楽しかったか、満足したかを振り返って口コミ情報を拡散してもらうこと、またその口コミ情報をどうやってまだ日本に来たことのない外国人に触れてもらうかが、旅アトプロモーションのキーポイントとなります。

 

まとめ:次の訪日需要を換気するべく、旅アトプロモーションにも注力すべき

インバウンドにおける旅アトとは、訪日旅行の余韻にひたる帰国後およそ1ヶ月程度の期間であり、訪日旅行の感想や写真をSNSなどに投稿・シェアしたり、旅ナカで買いそびれたもの、旅アトに発見した日本の製品を越境ECで購入したりします。

そのため、越境ECサイトを始めとした旅アトプロモーションが直接売上につながるインバウンドビジネスや、リピーター化や次のインバウンド需要を換気することで売上につながるインバウンドビジネスにおいては、この期間にあたる帰国後の1ヶ月間に重点的にプロモーションを仕掛けることが効果的となります。

<関連記事>

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…