2016年11月2日、日本政府観光局(JNTO)により、2016年1月から10月までの訪日外国人観光客数が2,000万人を超えたとの報道発表がありました。

訪日外国人観光客数が異例のペースで増えている中、国内ではインバウンド向け宿泊施設の不足が問題となっていますが、最近では訪日外国人観光客の間で世界最大の民泊サービスであるAirbnbの普及が日本においても進んでいます。

Airbnb Japan株式会社のプレスリリースによると、2016年1月から10月の間にAirbnbを利用した訪日外国人観光客数(以下、Airbnbインバウンドゲスト)が、300万人を突破したとのこと。

今回は、Airbnbのプレスリリースより、日本国内におけるAirbnbインバウンドゲストの同サービス利用状況を簡単にまとめてご紹介。

 

Airbnbとは全世界191か国に200万物件を誇る「民泊サービス」

airbnbロゴ:airbnbより引用

airbnbロゴ:airbnbより引用

Airbnb(エアビーアンドビー)は2008年にアメリカのカリフォルニアで生まれた企業。Airbnbでは、2015年11月時点で全世界191カ国、3万4000都市に200万物件を誇る民泊サービスを提供しています。

Airbnbを通じて、宿泊場所を探している個人が、空き部屋を所有するオーナーと連絡を取り、金額や期間などの交渉が完了することにより、その空き部屋を宿泊施設として利用することができます。

ホテルなど一般の宿泊施設を借りるよりもAirbnbを使えば、比較的安く金額を抑えることができます。また、「民泊」であるためホテル宿泊時などと違った体験ができます。

<関連記事>

 

 

Airbnb、日本国内のインバウンドゲストが300万人を突破

2016年11月16日、Airbnb Japan株式会社は、2016年1月から10月までのインバウンドゲスト数が、300万人を突破したとの発表を行いました。

昨年2015年(1月から12月)の、Airbnbインバウンドゲスト数は、130万人。今年は10月の時点ですでに去年の倍以上の数を記録しており、伸び率は約230%となっています。

日本国内で躍進を続けている世界最大の民泊サービスであるAirbnb。日本国内のインバウンドゲストの出身地域や、年齢層、支出額は一体どうなっているのでしょうか?順番にご紹介します。

 

[地域別]約70%がアジアからの訪日外国人観光客に:国別では韓国、中国、アメリカがベスト3にランクイン

インバウンドゲスト出身地域別割合:airbnbプレスリリースを参考に訪日ラボが作成

インバウンドゲスト出身地域別割合:Airbnbプレスリリースを参考に訪日ラボが作成

同発表によると、アジアからのインバウンドゲストが全体の69%を占め、もっとも大きい割合に。残りの約30%を欧米豪圏からのインバウンドゲストが占める形となります。

また、インバウンドゲストを出身国別に見ると、1位から順に韓国、中国、アメリカ、香港、台湾、オーストラリア、シンガポール、タイ、マレーシア、フランスとなり、アジア圏からの訪日外国人観光客に人気のサービスであることがわかります。

 

[年代別]約70%がミレニアム世代に:ユニークで新しい体験を求める

同発表によると、Airbnbインバウンドゲストの約70%が(*)ミレニアム世代であるとのこと。

ミレニアム世代は訪日旅行中に、各地域に住む人たちとのふれあいなどユニークで新しい体験を求めており、そのための近道が、Airbnbのような民泊サービスを利用であるとのこと。

その証拠として、日本に訪れる91%のインバウンドゲストが「暮らすように旅をする」ということはAirbnbを選ぶ1つの重要な指針になっていると回答。ミレニアム世代のような世代にとって、訪日旅行中、日本人のような生活をすることは魅力的なことであるとの予測ができます。

*ミレニアム世代:2000年代に成人あるいは社会人になる世代。 1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデジタルネイティブと呼ばれる世代と重なる。

 

[支出額]1日当たりの支出額は292ドルに:経済効果にも期待

同発表によると、Airbnbインバウンドゲストの1日あたりの支出額は、平均で292ドル。大阪では264ドル、東京で321ドルとなっています。

また、この支出額のうち、34%を飲食に、40%ショッピングで消費しています。

Airbnbインバウンドゲストの85%が、Airbnbを利用したことで宿泊費が節約できたと感じており、宿泊費が浮いた分を飲食やショッピングにあてていることがわかります。

<関連記事>

 

まとめ:日本国内で躍進を続けるAirbnb:利用層の把握でインバウンド対策への活用が可能に

今回は、Airbnbのプレスリリースより、日本国内におけるAirbnbインバウンドゲストの同サービス利用状況に関して簡単にまとめてご紹介しました。

インバウンド向け宿泊施設不足や、訪日外国人観光客の地方訪問の増加を背景に、手軽に訪日外国人観光客向けの宿泊施設を提供できるサービスであるAirbnbは、インバウンド業界においてさらなる注目を集めることが予測できます。

訪日外国人観光客のAirbnbの利用実態に関して、少しでも情報を得ておくことで、インバウンド誘致においてさまざまな場面で役に立ちます。

<関連記事>

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…