Airbnb(エアビーアンドビー)は平成28年(2016年)11月17日、新サービス「トリップ(Trips)」を発表しました。現地のツアーを調べたり、話題のスポットを検索したりできるのが特徴で「宿泊の枠を超える、同社の8年間の歴史で最も重要な展開」と位置付けています。間違いなくサービスの充実化に向けて注力し、新しい旅行スタイルとして台頭してくるでしょう。

今回は、Airbnb(エアビーアンドビー)が打ち出した注目の新サービス「Trips」についてご紹介します。

 

なぜ民泊仲介を行うAirbnbが、トータルな旅行サポートサービスに乗り出したのか

一般的に民泊仲介サービス・Airbnbは、一般住宅の空き部屋を活用した比較的安価に利用できる宿泊施設の紹介するものとして認識されています。民泊に対しては「日本では段階的に許容されているが、違法に利用するホストが絶えない」「価格面でホテル、旅館よりも有利に立っており、宿泊業にダメージを与える存在」といったネガティブな見方も広まっています。

しかし、明確に区別しなくてはならない点が1つあります。Airbnb自身は、民泊が持っているこれらの特徴を売りにしているわけではないということです。同サービスが提唱する民泊の価値は「現地の人とコミュニケーションができる」「普通の旅行よりもディープな体験ができる」「自分の趣味に合った宿泊施設が利用できる」といったもので、より濃密な旅行体験を前面に押し出しています。

Tripsは民泊仲介というより、旅行をトータルに支援することを目的としたサービス。CEOを務めるブライアン・チェスキー(Brian Chesky)氏は「旅行の中心に人を取り戻すことで、旅行を再びマジカルなものにしたい」と述べており、やはり主眼にあるのは旅行体験の充実化です。「Trips=Airbnbの理念を押し進めるために開発されたサービス」と理解することができるのではないでしょうか。

Tripsのサービス内容:発表時点で利用できる主要機能は「体験」「スポット」「ホーム」の3つ

Tripsには現在、「体験(Experiences)」「スポット(Places)」「ホーム(Homes)」という3つの主要な機能があります。今後、「フライト(Flights)」と「サービス(Services)」が加わり、5つになる予定です。

体験(Experiences):現地のアクティビティに参加

「体験」は、旅行先の人々が企画するアクティビティ、ツアーに参加できる機能です。サービス開始時点で約500種類が用意されており、対象となっている地域はロサンゼルス、ハバナ、ロンドン、パリ、フィレンツェ、ナイロビ、ケープタウン、東京、ソウルなど世界12都市。たとえば、東京で「侍の剣術ワークショップ」に参加したり、マリブでクラシックカーについて学んで実際に運転したりすることができます。

対象地域に加え、世界39の都市で新たなアクティビティ、ツアーの掲載をリクエストすることが可能。日本では、大阪がここに該当しています。

スポット(Places):おすすめスポットを検索

「スポット(Places)」では、Airbnbホストが勧める穴場や話題のスポットを検索できます。すでに100万件を超えるリコメンドが存在していることから、かなり内容が充実していることが伺えます。

現地の情報通や地元文化に精通した人から収集した「ツウのリコメンド(Insider Guidebooks)」も用意しています。「マラソン選手が紹介する最高のランニングコース「地元のバーテンダーが紹介する最高のダイブバー」「新進気鋭のシェフが紹介する次の名店となる知られざるレストラン」などを知ることができます。なお、「ツウのリコメンド」が利用できるのは現在、サンゼルス、サンフランシスコ、ハバナ、ナイロビ、デトロイト、ソウルという6都市のみ。その他の都市でも近日中に展開する予定です。

また、現地のレストランをAirbnbアプリで直接予約できたり、音声ガイドツアーにアクセスできたりと手に入れた観光情報を活用しやすくするための取り組みも実施されています。

 

その他の機能

その他の機能として挙げられるのは以下の通り。

  • 旅行で必要になる予約が、ほぼAirbnbアプリでできる
  • 機械学習に基づき旅行プランを提案する「旅行日程表(Trip Itinerary)」
  • 身元認証プロセスの安全性、利便性向上

 

まとめ:Airbnbでさらに旅行が楽しみやすくなった

Airbnb(エアビーアンドビー)が新サービス「トリップ(Trips)」を発表。現在は「体験(Experiences)」「スポット(Places)」「ホーム(Homes)」という3つの主要機能があり、現地で実施されているアクティビティに参加したり、おすすめスポットを調べて予約したりすることができるようになっています。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…