訪日中国人観光客のマナーについては、以前から度々話題になっています。大声で話す、ゴミを捨てる、トイレットペーパーなど備品を持ち帰るといった我々日本人とは常識の部分が違うという点が目に付くところかもしれません。

目につくマナーの悪さ

これは日本に限ったことではないようです。飛行機に乗った中国人観光客が「暑いから」ドアを開けようとして飛行機の出発が遅れたり、海外でも中国人観光客はお断りという場所もあるようです。日本の観光地でもお断りしたいという話はよくでます。

京都などでは、注意の張り紙が

これは、訪日中国人観光客だけではありませんが、京都の古い町並みや神社仏閣で、座り込まないように、大声で話さないように、舞妓さんなどと写真を撮らないなど注意書きをしているところもあります。ただ、殆ど効果はないようです。

 

ツアーに組み込まれた飲食店はマナーの悪さに閉口

訪日中国人観光客のツアーに組み込まれた焼肉店の話だと、オーダーはせず、店外で買ったカニなどを勝手に焼き始める、頼むのは水だけという全く我々の常識の通用しないことを平然とやってしまい、注意しても聞かないということがたびたびあったそうです。

文化の違いはマナーや生活様式の違い

数年程前の日本企業の中国進出が盛んでした。そのころ、中国国内に社宅を作ると、あっという間にボロボロにされてしまうという話でした。まず、進出すると、トイレの仕方から教えていかなければならないと。

 

とはいえ訪日中国人観光客でも様々

同じ訪日中国人観光客でも、ツアー、個人で来る方と様々です。マナーが悪いと言われているのは、前者の方が多いようです。後者は、厳かな観光地で大声で話される自国語を聞くと悲しい気持ちになると言っていました。

もちろん訪日中国人観光客でも良識のある人もいます

個人で来られていて、若いころから旅慣れている人だと、自国の文化が外国だと馴染まないというのを理解されている方も多いのでしょう。郷に入りては郷に従うという旅の楽しみ方を実践され、海外の文化に興味を持たれているのではないでしょうか。

 

まとめ:訪日中国人観光客マナーの悪さを注意する必要があるか?

はっきり言って注意喚起しても無駄なることも多いかもしれません。「爆買い」で知られるように、訪日中国人観光客は日本に買い物を主目的に来ています。ディスカウントスーパーに来ているような感覚なのでしょう。日本なりの文化・歴史に興味をもって来ている訳ではありませんので、日本独特の奥ゆかしさなどに理解を示すことはないと考えます。

しかしながら、この文化やマナーの摩擦は他の訪日外国人でも同じこと。インバウンド消費を狙うには、日本式のマナーを求めるのではなく、他国に合わせていくことも必要になっていきます。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…