この記事は約3分で読み終わります。

2013年に訪日外国人観光客数が1000万人を超え、本格的な観光大国への歩みを進み始めた日本。その経済波及効果には目を見張るものがあり、国内企業はこの大きなビジネスチャンスを掴むために対策に乗り出しています。そして今、親日国である訪日台湾人観光客を呼び込む対策に注目が集まっています。訪日台湾人観光客のインバウンドについて主だった企業の対策事例を3つご紹介いたします。

 

「マス」から「個人」がキーワード。広告としてのメディア対策事例

台湾をはじめとした東アジア・東南アジアの国々では、日本とは比べ物にならないほどSNS文化が浸透しています。そのため、訪日台湾人観光客をターゲットとしたプロモーションにおいて、SNSやグログなどのメディア対策を強化することが重要です。

国内外の人気ブロガーの拡散力を利用した対策

SNSやブログを用いたインバウンドプロモーションにおいて、訪日台湾人観光客に有効なのがKOL(インフルエンサー)マーケティングです。

台湾の人気ブロガーやフォロワーの多いアカウントで影響力が強い人(インフルエンサー)に自社サービスや商品の紹介を依頼するといったもので、訪日台湾人観光客に限らず、東アジア・東南アジアでのインバウンドプロモーションで絶大な効果があります。

人気を集めるブロガーというフィルターを通すことで興味を持ってもらうことができ、共感や親しみを生み出すことにつながります。今後、ブログやツイッター、フェイスブック等でのインバウンドはさらに広がりを見せると予想されています。

 

訪日台湾人観光客向けのクラウドソーシングの活用事例

ブログなどのメディアを活用する他にも、近年飛躍的に需要が高まったクラウドソーシングを利用したインバウンド対策も非常に有効な手段と位置付けられています。日本の名所やレストラン、その他アミューズメントパークなどの情報の翻訳や口コミによって得られる効果とはどのようなものでしょうか。

思わぬ名所、サービスの発掘による二次的集客の事例

日本国内の訪日台湾人観光客を呼び込みたい観光地について、国内外のワーカーにクラウドソーシングを通じて翻訳および口コミをして貰うことは、各々の経験に基づいた新しい観光名所の発掘や魅力的な情報により、コストパフォーマンスに優れた集客を実現することが可能になります。特に資金を潤沢に使えない中小企業などにとっては、これらの対策に集中することで大きなコストパフォーマンスの高いプロモーションに繋がります。

 

訪日台湾人観光客を「おもてなし」の心で迎えた企業の事例

訪日台湾人観光客をターゲットにしたインバウンドを行う場合、親日国であることを大いにアピールすることが重要であり、それは台湾が昔から親しんできた「和」の心による気配りと、未だ見たことがない日本の姿を知らせることにあります。

細かな配慮の行き届いた対応と台湾人の文化を尊重した対策

台湾の公用語は中国語です。中国本土では、通常使用される字体は漢字を簡素化した「簡体字」が用いられます。しかしながら台湾では簡素化されていない「繁体字」を用い、中国語の1方言である「広東語(台湾語)」が主に話されています。そのため、繁体字と広東語を接客に用いることで、より親しみを感じてもらいリピーターが増える可能性が高くなります。

このように、訪日台湾人観光客向けにフィットした対策をすることで質の高いインバウンドにつながることになります。そして、それに加えて新しい日本の魅力を伝えていくことで、これまで以上に日本に興味を持ってもらうことに成功し、リピーター獲得へとつながるでしょう。

 

まとめ:訪日台湾人観光客のインバウンドのキーは「文化」と「親近感」

台湾のインバウンド対策について、特に注目したい3つを挙げて解説しましたがいかがだったでしょうか?観光、サービス業以外にも様々な分野で活用、応用ができる事例だと思います。競争がさらに激化していくことを考えれば、各社早い段階での対策の強化が急がれます。

 

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…