この記事は約3分で読み終わります。

訪日韓国人観光客をターゲットにビジネスをする上で、訪日韓国人観光客の使うスマホについて知っておくことは大事です。一体どのようなスマホが韓国では人気なのでしょうか。あわせて訪日韓国人観光客とタブレットの関係についても紹介していきましょう。

 

訪日韓国人観光客に人気のスマホはサムスン(Samsung)やLG

FLURRYによる韓国のスマートフォン市場シェア調査:gigazine.netより引用

FLURRYによる韓国のスマートフォン市場シェア調査:gigazine.netより引用

訪日韓国人観光客には、やはり韓国産スマホの人気が高い傾向にあります。韓国内でのスマホメーカーシェア率についての2013年の調査によれば、サムスン電子(Samsung)製のスマホが60%、LGが15%、さらにはパンテック&キュリテル(韓国のサムスン電子、LGエレクトロニクスとならぶ3大携帯電話メーカー)が10%となっており、市場全体の85%が国産スマホで占めていることになります。

追い上げを見せる中国製のスマホ

しかしながら、この韓国のスマートフォン市場の構造も変化しつつあります。最近では特に華為(ファーウェイ)をはじめとした中国製格安スマホが普及しており、2015年末に発売した低価格機種「Y6」は、わずか半月で韓国内での販売台数1万台を達成。

中国製のコストパフォーマンスに優れるスマホは、韓国の若年層から支持をうけており、国内関係者は、

「中国製スマホは性能、デザインなどはサムスン電子、LGエレクトロニクス、アップルに及ばないが、中国の情報通信技術が急速に発展しており、消費者の中国製品に対する認識も変わっている」―BLOGS:韓国のスマホ市場に構造の変化、中国製スマホが人気に-韓国メディア

とみているとのこと。

 

大型スマートフォン人気も韓国の特徴

FLURRYによる韓国のスマートデバイスユーザー調査:gigazine.netより引用

FLURRYによる韓国のスマートデバイスユーザー調査:gigazine.netより引用

また、スマートデバイスに関する韓国の特徴は、ファブレット端末(画面サイズが5.5〜7インチの大画面スマートフォン)の普及率が高いことにあります。

前掲の調査のなかでは、iOS(iPhone)もしくはAndroidを利用している人を対象とした使用端末に関する項目があります。

全世界でファブレットユーザーは7%しかいないなか、韓国内では、41%がファブレット端末を使用しているという結果が出ています。

訪日韓国人観光客は余り利用しないiOS(iPhone)

訪日韓国人観光客にはiOS(iPhone)は不人気なことも特徴です。前掲の表のとおり、韓国内スマホ市場でのシェアは14%にとどまっています。同期での日本国内でのスマホ市場シェアの調査では、iOS(iPhone)のシェア率はおよそ40%であり、その普及率の低さが際立ちます。

 

訪日韓国人観光客向けにしていきたいスマホ対策

このように訪日韓国人観光客は、ファブレットを含む韓国製のAndroidスマホを使用しています。そのため、訪日韓国人観光客向けのインバウンド対策においては、WEBやスマホアプリについてはAndroidに最適化することが重要になってきそうです。

 

まとめ:訪日韓国人観光客に人気のスマホ

訪日韓国人観光客に人気のスマホは韓国内3大メーカーのものがほとんどです。また、iOS(iPhone)は人気がないことも特徴でしょう。また、韓国のスマホ事情の特徴として、ファブレット端末(大画面スマートフォン)の利用率が高いことがあげられます。そのため、WEBやアプリでのインバウンド対策においては、これらの大型Androidスマホに最適化することが重要になってきます。

<参照>

 

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…