東京~大阪間のゴールデンルートから離れた和歌山が、訪日香港人観光客の人気を獲得しています。いったい、どんなどのようなインバウンド政策を行ったのでしょうか?

訪日香港人観光客の行きたい場所上位に君臨する地方都市、和歌山のインバウンド対策事例をご紹介します。

 

曰く、プロダクト”アウト”のインバウンド政策

他県のインバウンド政策もそうですが、以前の和歌山のインバウンド政策も常に「和歌山にあるもの」を前面にだしたインバウンド政策でした。

しかし訪日香港人観光客からすれば自分勝手な発想でありニーズに合っていないということで、プロダクトアウトからマーケットイン、ユーザーインのインバウンド政策に切り替えて成果を上げることに成功しました。

訪日香港人観光客の嗜好を知り、他県との違いをはっきりさせる

毎年たくさんの都道府県が香港の展示会に参加するなどのインバウンド政策を施行しています。

しかし、和歌山県は香港人には他県との違いがよく分からず反応が薄いということに気づき、現地の人との長い交流の末、香港人の好みや嗜好に深く精通することで訪日香港人観光客のインバウンド政策を成功させることに至りました。

 

訪日香港人観光客がいつ来ても楽しめる工夫

ミカンや柿などの産地である和歌山は産地の果物を武器にミカン狩りツアー、マグロの養殖で有名な近大マグロなどを提供し、またマグロ解体ショーなど見て楽しめる、体験して楽しめるインバウンド政策を行いました。やはり体験型のツアーは訪日香港人観光客のみならず外国人に人気の催しです。

毎日何回かイベントを行うというインバウンド政策

また、いつ来ても訪日香港人観光客をがっかりさせることのないよう、イベントを毎日数回行っているというのも訪日香港人観光客に好感を持ってもらえるポイントではないでしょうか。

提供者側の細やかな配慮と訪日香港人観光客自ら体験できる催しが観光者自ら情報の発信源になる二次効果も期待できる素晴らしいインバウンド政策です。

 

その土地の強みを生かしたインバウンド政策

ミカンやイチゴ、柿などのフルーツも和歌山のインバウンドの強みですが、猫の駅長で話題になった「たま駅長」も訪日香港人観光客の目的となっています。

香港や台湾などで起きた癒し系ブームの影響により日本のたま駅長までも海を越え有名になっているようです。訪日香港人観光客は、たま駅長に会いに貴志駅を訪れ貴志川線を利用して和歌山の風景を楽しみ巡ることもツアーの一環としてとらえています。

日本の原風景こそがインバウンドにおいて最強の武器

訪日香港人観光客は和歌山の風景と、他県の風景の違いは分からないかも知れません。しかし訪日香港人観光客のみならず日本の地方、田舎の素朴な風景は、訪日外国人観光客にとって日本らしさを感じることの出来る素晴らしいものとなっています。なぜなら訪日外国人観光客は日本らしさを求め日本に観光に来るのですから。

 

まとめ:訪日香港人観光客に日本を”体験”してもらう

訪日香港人観光客にとっての日本観光目的というのは結局のところ日本を”体験”することではないでしょうか。日本の空気、風景、伝統などもそうですが和歌山のインバウンド政策で施行された原産地でのミカン狩りツアーやマグロの解体ショーなどは実際的な体験ツアーも含まれます。

また実際に体験できるものというのは訪日香港人観光客だけでなく全ての訪日外国人観光客に好まれる催しであり、これからのインバウンド政策は地域の特色を生かした体験型のツアーになるのではないでしょうか。

 

訪日香港人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…