訪日カナダ人観光客をはじめとした訪日外国人観光客が日本国内で物を買ったりサービスを受けることで、インバウンド効果が期待できます。魅力ある観光地づくりや観光しやすい環境の整備、観光に携わる人材の育成や訪日旅行情報の外発信強化など。インバウンド対策に向けた政策が行われています。

 

インバウンド対策し、訪日カナダ人観光客が観光したくなる観光地づくりに取り組む

日本のマンガやアニメ、ドラマの文化はインターネットを使えばどこにいても楽しめます。また寿司や天ぷらなどの和食の文化も海外で楽しめます。日本に実際に訪れてもらうためには、インバウンド対策により日本にいなければ体験できないことを作らなければなりません。そこで魅力ある観光地づくりをするために地方にある観光資源を再生する必要があります。

例えば各地方が誇る歴史や文化は、その土地でしか体験できない貴重な財産となります。訪日カナダ人観光客がそれらを体験したり知ることができる場を整えていかないといけません。

インバウンド対策により日本の歴史や文化、スポーツを観光資源にする政策

歴史や文化と共にスポーツやリゾートができる環境を整えることで、さらに幅広い集客が可能になります。2019年にはラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピックとパラリンピックが開催されます。

その前後には文化プログラムも開催されます。試合の観戦などで沢山の観光客が訪日することが予想されます。さらに訪日カナダ人観光客を集客するために地域の魅力を体験しながらスポーツを楽しめる観光プランなどを提案していけるよう取り組む政策が必要になります。

 

インバウンド対策により訪日カナダ人観光客に日本を満喫してもらい観光しやすいイメージをつくる

観光をしやすい環境にするために取り組む必要があります。ビザの緩和や観光バスの乗降場所の整備、3メガバンクが海外で発行しているカードに対応できるATMを現在の約半数で整備したり、カナダ人が訪れる主要なショッピングセンター等の商業施設や宿泊施設、観光スポットなどでクレジットカードが使えるように取り組む必要があります。

インバウンド対策により航空機国際線の入国出国審査の待ち時間短縮

日本の玄関となる航空機国際線の入国審査を短縮するために入国審査の待ち時間に指紋や個人情報を取得する最新の機械を導入したり、出発地となるカナダの空港で指紋や個人情報を事前にチェックしておくなどの対策が必要です。この対策ができると訪日カナダ人観光客の滞在時間が長くなり観光を有意義なものにできます

 

インバウンド効果を最大限に活用するための人材

観光地の窓口となる商業施設や宿泊施設にカナダの公用語である英語やフランス語で対応可能な人材を育成することが必要となります。その他に旅行会社では訪日カナダ人観光客に日本旅行プランを売り込むスキルが必要となります。

長い目で見れば子どもたちが働く世代になった時に活かせるよう地元の歴史や文化を理解し、その魅力を発信できる機会をつくっていく必要があります。

訪日カナダ人観光客への情報発信力

観光地の整備や人材の育成によって観光しやすくなった日本をアピールする情報発信力が必要です。カナダの著名人やメダリストが日本の魅力を実際に体験している映像を海外の放送局で配信したり、訪日カナダ人観光客が必要とする情報を簡単に手に入れられるスマホアプリの作成等の取り組みが必要となります。

 

まとめ:政策を実現するために

国民全員が積極的に参加して政策を進めていく姿勢が必要となります。この政策の実現の為にも全国、各地域の人々や企業などが参加して政策を進めていく事が課題となります。このような政策を実現することで日本の観光産業の需要が最大限に引き出され、これからも他国と肩を並べて歩んでいけるようになれるのです。

 

訪日カナダ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…