オーストラリアは世界でもトップクラスに越境EC利用率が高い国です。その主な購入先はアメリカですが、訪日豪州人観光客を介して日本の越境ECにも注目を集めることが期待できます。オーストラリア人にはどのような傾向があるのかを探りつつ、リピーター獲得のための戦略について迫ります。

 

越境ECの利用率が世界的に高いオーストラリア

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが行った「グローバル・コネクテッド・コマース調査」において、世界26ヵ国の回答者の内57%が越境ECを利用しているという結果になりました。この中でオーストラリアは66%と極めて高い水準にあることが分かり、ECサイト利用者の2人に1人以上は利用していることになります。

オーストラリアは世界の越境ECにおける主要6ヵ国に数えられる

国際標準の決済システムを提供しているPaypal(ペイパル)によると、世界の主要越境EC市場をアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、中国、ブラジルの6ヵ国に定めており、2018年には世界の越境EC市場における人口は1億3000万人に上り、30兆円の規模に成長すると予想されています。オーストラリアは世界の越境ECにおいて重要な位置を占めています。

 

オーストラリア人がよく利用する越境ECサイト

オーストラリア人が好んで利用する越境ECサイトは、米国のAmazonをはじめ、ebay、東南アジアのLazadaとなっています。国内のECサイトよりもこれらの越境ECサイトを利用する傾向が強いようです。また、日本のECサイトを利用する海外ユーザーの順位では4位以内に入っており、日本のブランドもオーストラリア人の購入対象に入っていることが分かります。

越境ECサイトを構築するうえでデザイナーが留意しておく点とは

日本のデザイナーが越境ECサイトを構築するうえで留意しておきたい点は、各国のインターネット回線の速度の違いがあります。

接続速度の平均値において韓国が26.7Mbpsで最も早く、次いで日本が17.4Mbpsとなっています。オーストラリアは8.2Mbpsと8位になっています。そのため、オーストラリア向けの越境ECサイトが日本と同じ規模のデザインにしてしまうと単純計算で表示に約2倍の時間がかかってしまい、それだけ離脱率が上がることに繋がります。

 

訪日豪州人観光客の帰国後を狙った越境ECへの移行

オーストラリア向けの越境ECサイトを構築するうえで、訪日豪州人観光客の取り込みは欠かすことができないでしょう。訪日旅行中に自社製品を購入してもらい、帰国後も越境ECを介してリピーターになってもらえば、口コミでオーストラリア国内に広がることも期待できます。

訪日豪州人観光客に越境ECを介して自社製品のリピーターになってもらうには

訪日豪州人観光客にリピーターになってもらうためには、購入時のプロモーションにかかっているでしょう。商品の購入から越境ECを通しての購入も可能であることを告知するためには、チラシの他にPOPやFacebookページを活用したPRも有効だと言えます。

 

まとめ:訪日豪州人観光客に帰国後も越境ECを利用してもらうために

訪日豪州人観光客に自社製品を手に取ってもらい、帰国後もリピーターとして越境ECサイトを介して購入してもらうためには、事前にオーストラリア人のニーズを把握する必要があります。どういう商品が人気で、口コミを生みやすいのかを把握することでFacebookや口コミを介して自然と広まるような商品を提供できると考えられます。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…