訪日豪州人観光客に人気のある越境EC:日本のECサイトも高い利用率

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

オーストラリアは世界でもトップクラスに越境EC利用率が高い国です。その主な購入先はアメリカですが、訪日豪州人観光客を介して日本の越境ECにも注目を集めることが期待できます。オーストラリア人にはどのような傾向があるのかを探りつつ、リピーター獲得のための戦略について迫ります。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

越境ECの利用率が世界的に高いオーストラリア

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが行った「グローバル・コネクテッド・コマース調査」において、世界26ヵ国の回答者の内57%が越境ECを利用しているという結果になりました。この中でオーストラリアは66%と極めて高い水準にあることが分かり、ECサイト利用者の2人に1人以上は利用していることになります。

オーストラリアは世界の越境ECにおける主要6ヵ国に数えられる

国際標準の決済システムを提供しているPaypal(ペイパル)によると、世界の主要越境EC市場をアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、中国、ブラジルの6ヵ国に定めており、2018年には世界の越境EC市場における人口は1億3000万人に上り、30兆円の規模に成長すると予想されています。オーストラリアは世界の越境ECにおいて重要な位置を占めています。

 

オーストラリア人がよく利用する越境ECサイト

オーストラリア人が好んで利用する越境ECサイトは、米国のAmazonをはじめ、ebay、東南アジアのLazadaとなっています。国内のECサイトよりもこれらの越境ECサイトを利用する傾向が強いようです。また、日本のECサイトを利用する海外ユーザーの順位では4位以内に入っており、日本のブランドもオーストラリア人の購入対象に入っていることが分かります。

越境ECサイトを構築するうえでデザイナーが留意しておく点とは

日本のデザイナーが越境ECサイトを構築するうえで留意しておきたい点は、各国のインターネット回線の速度の違いがあります。

接続速度の平均値において韓国が26.7Mbpsで最も早く、次いで日本が17.4Mbpsとなっています。オーストラリアは8.2Mbpsと8位になっています。そのため、オーストラリア向けの越境ECサイトが日本と同じ規模のデザインにしてしまうと単純計算で表示に約2倍の時間がかかってしまい、それだけ離脱率が上がることに繋がります。

 

訪日豪州人観光客の帰国後を狙った越境ECへの移行

オーストラリア向けの越境ECサイトを構築するうえで、訪日豪州人観光客の取り込みは欠かすことができないでしょう。訪日旅行中に自社製品を購入してもらい、帰国後も越境ECを介してリピーターになってもらえば、口コミでオーストラリア国内に広がることも期待できます。

訪日豪州人観光客に越境ECを介して自社製品のリピーターになってもらうには

訪日豪州人観光客にリピーターになってもらうためには、購入時のプロモーションにかかっているでしょう。商品の購入から越境ECを通しての購入も可能であることを告知するためには、チラシの他にPOPやFacebookページを活用したPRも有効だと言えます。

 

まとめ:訪日豪州人観光客に帰国後も越境ECを利用してもらうために

訪日豪州人観光客に自社製品を手に取ってもらい、帰国後もリピーターとして越境ECサイトを介して購入してもらうためには、事前にオーストラリア人のニーズを把握する必要があります。どういう商品が人気で、口コミを生みやすいのかを把握することでFacebookや口コミを介して自然と広まるような商品を提供できると考えられます。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに