関東地方のインバウンド需要

2019年関東地方のインバウンド需要・訪日外国人の訪問率は?

関東地方は日本への玄関口である成田を有する千葉県をはじめ、東京、神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬などが所属しています。訪日外国人の訪問率も高く、TOPの東京(47.24%)を筆頭に、3位の千葉(35.12%)、9位の神奈川(7.84%)と続いています。草津温泉や富岡製糸場を始めとする日本人に馴染みのある観光地を有する、群馬県は認知度がまだ低いためか0.55%となっています。

関東地方の都道府県別インバウンド需要

地方創生・地方誘致に関するインバウンドニュース

自治体に関するインバウンドニュース

他の地域を見る

都道府県別トップへ戻る