九州・沖縄地方のインバウンド需要

2019年九州・沖縄地方のインバウンド需要・訪日外国人の訪問率は?

九州・沖縄地方は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄で構成されており、全国7位の福岡(8.69%)を筆頭に、沖縄(6.12%)、佐賀(0.94%)、長崎(1.50%)、熊本(1.94%)、大分(3.30%)、宮崎(0.52%)、鹿児島(1.05%)となっています。九州エリアは地理的に韓国と近いため船便なども多く韓国人観光客の比率が高いのが特徴ですが、日韓関係悪化より韓国からの訪問者数が減少しました。

九州・沖縄地方の都道府県別インバウンド需要

地方創生・地方誘致に関するインバウンドニュース

自治体に関するインバウンドニュース

他の地域を見る

都道府県別トップへ戻る