東北地方のインバウンド需要

2019年東北地方のインバウンド需要・訪日外国人の訪問率は?

東北地方は青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島が所属しています。各県の訪問率は0.33%〜1.00%と全体的に低くなっており、日本人に人気の観光エリア「宮城」エリアでも1.00%となっています。その背景には2011年の「東日本大震災」の影響もあり、今後インバウンドで課題のある地方となっています。現在は、各自治体が東北エリアへの観光を盛り上げるため、新規海外就航と増便やプロモーション動画の作成など、インバウンド施策にも力を入れ始めてきています。

東北地方の都道府県別インバウンド需要

地方創生・地方誘致に関するインバウンドニュース

自治体に関するインバウンドニュース

他の地域を見る

都道府県別トップへ戻る