2017年のインバウンド宿泊データ(宿泊旅行統計調査)画像

2020年・4000万人・8兆円に向け受け入れ体制整備進む2017年

2017年のインバウンド宿泊データを見てみると、1月から6月までの上半期で外国人延べ宿泊数は 前年同期比+5.92%の3,839万人泊 、外国人実宿泊者数は 前年同期比+3.94%の2,462万人 となりました。

インバウンド市場が好調な成長をしながらも、宿泊施設不足を始めとした"キャパシティ"が課題となり、民泊新法制定などの制度整備も進んだ2017年。そのインバウンド宿泊はどのようなものだったのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

2017年のインバウンド宿泊データ(宿泊旅行統計調査)

2017年のインバウンド宿泊データ(宿泊旅行統計調査)

他の年のインバウンド宿泊データ(宿泊旅行統計調査)を見る

2017年のインバウンドデータサマリー

2017年のインバウンドデータサマリー

2017年の月別インバウンド宿泊データ(宿泊旅行統計調査)を見る

2017年のインバウンドデータを詳しく見る

インバウンド需要データ
(訪日外国人観光客数)
インバウンド
宿泊旅行統計データ
インバウンド
消費データ
上期1月2017年1月のインバウンド需要データ2017年1月のインバウンド宿泊旅行統計データ2017年1月〜3月期のインバウンド消費データ
2月2017年2月のインバウンド需要データ2017年2月のインバウンド宿泊旅行統計データ
3月2017年3月のインバウンド需要データ2017年3月のインバウンド宿泊旅行統計データ
4月2017年4月のインバウンド需要データ2017年4月のインバウンド宿泊旅行統計データ2017年4月〜6月期のインバウンド消費データ
5月2017年5月のインバウンド需要データ2017年5月のインバウンド宿泊旅行統計データ
6月2017年6月のインバウンド需要データ2017年6月のインバウンド宿泊旅行統計データ