福島で外国人に人気の観光スポット!「大内宿」が2位、1位は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

水際対策が終了し、日本の観光スポットには多くの外国人が訪れています。一方で、コロナ禍の間で外国人の動向に関する調査がストップしていた状況もあり、エリア別の外国人観光客の動向を把握するのが難しくなっています。

果たして、外国人に「今」人気の観光スポットはどこなのでしょうか?

そこで訪日ラボでは、各地の観光名所に寄せられた最新の口コミデータから、独自のインバウンド人気観光地ランキング』を発表しています。

今回の[福島編]のランキングでは、以下の内容が明らかになりました。

  • インバウンドに「今」最も人気のある観光スポット
  • 言語別 人気観光スポットTOP10
  • ランキングTOP10はあるエリアに集中していること

レポートをくわしく見る(無料)

※本記事はレポートのダイジェスト版となります。『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

福島県のインバウンド観光スポットランキング、1位は会津 鶴ヶ城!

訪日ラボ・口コミコム が独自に調査した『インバウンド人気観光地ランキング』福島編。

TOP10は、以下の通りとなりました。

<人気観光地ランキング TOP10>

1位:会津 鶴ヶ城
2位:大内宿
3位:第一只見川橋梁 ビューポイント「其の壱」
4位:塔のへつり
5位:あぶくま洞
6位:会津武家屋敷
7位:五色沼湖沼群
7位:会津さざえ堂 (円通三匝堂)
9位:アクアマリンふくしま
10位:福島県立博物館

数ある観光地のなか、福島県で今インバウンドに最も人気がある観光スポットは「会津 鶴ヶ城」でした。

TOP10には景勝地や博物館など、福島の自然・歴史に触れられるスポットが多数ランクインしました。

なかでも、2位の「大内宿」には『タイムスリップした気分』と称賛の外国語口コミが寄せられていました。


またTOP10を福島県の地図に並べてみると、半数以上のスポットが会津エリアに集まっていることが分かりました。

[福島県]人気観光地ランキング TOP10
▲[福島県]人気観光地ランキング TOP10

福島県はコロナ前から、観光地としての認知度の低さが課題でした。2018年の福島県の調査によると、訪日外国人の福島県認知度は全体の52.8%であり、決して高い水準ではありません。

また、福島県を知っているとする人は、認知内容として「東日本大震災」「原発事故」「放射線」を挙げていました。2023年は主に中国において処理水問題も起こっていることから、風評被害対策が国全体の課題にもなっています。

コロナ後の観光復活については、特にコロナ前から訪問が多かった台湾・ベトナム・タイなどからの観光客増加に期待がかかっています。

人気ランキングTOP10の詳細は、レポートにてご確認ください。

レポートをくわしく見る(無料)

【言語別】福島県の観光地、英語での口コミ人気No.1は?

レポートでは、英語・中国語(繁体 / 簡体)・韓国語など、5つの外国語別の人気ランキングも発表しています。

【英語版】インバウンド人気観光地TOP10
▲【英語版】インバウンド人気観光地TOP10

英語版のTOP10は、以下のようになりました。

1位:(レポートにてご確認ください)
2位:(レポートにてご確認ください)
3位:(レポートにてご確認ください)
4位:アクアマリンふくしま
4位:五色沼湖沼群
6位:British Hills
6位:浄土平ビジターセンター
8位:福島県立博物館
9位:塔のへつり
10位:会津さざえ堂 (円通三匝堂)

英語での口コミで「今」最も人気のある観光スポットは「◯◯◯◯◯◯◯」でした。総合ランキングではTOP10外であった「浄土平ビジターセンター」もランクインしました。

レポートをくわしく見る(無料)

【日本語 vs 外国語】福島県の観光地における外国人口コミ評価比較

さらに本レポートでは、人気観光地TOP10の口コミ評価を言語別に算出。日本語と外国語との評価の違いを比べてみると、ある特徴が見えてきました。

【日本語 vs 外国語】福島県の観光地における外国人口コミ評価比較
▲【日本語 vs 外国語】福島県の観光地における外国人口コミ評価比較

外国語での口コミ評価の詳細や、日本語との口コミ比較に関しては、レポートダウンロードにてご確認ください。

レポートをくわしく見る(無料)


ーーーーーー

その他にも、レポートでは“インバウンド“に活かせる口コミ対策とは?“をテーマに、2023年のインバウンド対策に役立つ情報をまとめています。
インバウンド対策や口コミマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

    <調査概要>

    • 調査対象:訪日ラボが独自に選出した福島県内観光名所100箇所(口コミ総数:7,767件)
    • 口コミ調査期間:2023年5月31日 〜 2023年9月26日
    • 調査リソース:Google マップ から公開されている口コミを抽出し独自に分析 ※★評価のみ(口コミなし)や絵文字のみの口コミは分析の対象外
    • 調査方法:「口コミサイトを “もっと” 売上に変える」口コミコム (インバウンドオプション)を利用して、調査リソース上のデータを独自に分析・解析

    レポートをくわしく見る(無料)
    ※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

    インバウンド対策にお困りですか?
    「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

    訪日ラボに相談してみる

    <参考>
    福島県:観光地域づくり総合推進事業 福島県観光地実態調査 報告書

    訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

    インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

    2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

    昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

    インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

    そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

    【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

    今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

    スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

    「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

    → 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

    完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

    関連インバウンド記事

     

    役にたったら
    いいね!してください

    この記事の筆者

    訪日ラボ編集部

    訪日ラボ編集部

    訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

    プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに