多言語対応とは、公共施設や店舗における案内表示、飲食店におけるメニュー、ウェブサイトなどにおいて日本語だけでなく複数の外国語に翻訳して併記することです。 

また、文字だけでなく、コミュニケーションにおける多言語対応も存在し、コミュニケーションにおける多言語対応は外国語が堪能なスタッフの採用や翻訳機の設置などによって実現することが可能です。 

訪日外国人客数が年々増加を続ける現代の日本では、いかに外国人客を取り込むかという点が多くの店舗において課題となっており、多言語対応インバウンド対策の一環として注目されています。 

特に訪日外国人全体の中で母語としている人の割合が多い英語と中国語については、優先的に対応を進めるべきであると言えるでしょう。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください