ロケツーリズムというものをご存知でしょうか。映画やドラマなどのロケ地を観光資源として活用するもので、アニメの場合は「聖地巡礼」という表現が使われています。

ロケツーリズムとカタカナの表現を使用すると新しい取り組みのように聞こえますが、芸術作品の背景を知ることを目的とした旅行は古今東西で行われてきました。日本では、いくつもの和歌に登場する名所を巡る人が昔からいたことが分かっています。

日本の観光客、訪日外国人観光客を呼びこむことが可能で、作品によっては持続的な地域活性化が実現できます。今回は、古くて新しい旅行スタイル「ロケツーリズム」についてご紹介します。

 

ロケツーリズムとは

表現は「ロケツーリズム」「フィルムツーリズム」「ロケ地巡り」など多様

コンテンツの舞台となった土地を訪れる旅行スタイルは広く「コンテンツツーリズム」と呼ばれています。映画の場合は「フィルムツーリズム」「シネマツーリズム」、アニメなら「聖地巡礼」という表現が下位分類として用いられます。また、コンテンツツーリズムに類似の表現として「メディア誘発型観光」「エンタメ観光」などが使われることもあり、表現は多種多様です。

なお、こちらの記事ではドラマや映画を大賞としたロケツーリズムに限定して取り扱います。「ロケ地巡り」「ロケ地観光」などと呼ばれることもあります。

ロケツーリズムの持続性:他の観光資源同様、飽きられる可能性もあるが……

映画やドラマは放送後、しばらくすると忘れられることが大半です。ロケツーリズムにはどれくらいの持続性があるのでしょうか。このような問題は観光業に関わる人にとっては、非常に気になるところでしょう。

まず指摘できるのは、すべての観光地は目新しさが無くなると、飽きられる傾向があるということです。これはロケ地に限らず避けられない事実で、観光客の興味、関心をひくためには新しい観光資源の発掘、観光スタイルの提案を行っていく必要があります。

また、ある米国の調査では、映画放映後、観光客が年々増加した地域が存在することが明らかになりました。作品の質が高い場合、月日とともに飽きられるどころか、次第に人気が増していき、定番観光地となることも期待できます。

公開してから対応を考えるのでは、効果が弱い

地域でロケが行われ作品の舞台になったとしても、ロケツーリズムとして観光客を呼びこむには、しっかりとした対応が必要です。映画やドラマが公開された後では、手遅れなこともあります。製作時点からプロモーション、観光商品の設計などを行っていくのが理想的でしょう。

効果的な対応を行うためには、地域ぐるみで撮影に協力するなどして、製作サイドと手を組むことが望ましいと言われています。地域の協力が無い場合、撮影交渉などの手間がかかるため、製作会社はコストが削減できるメリットがあります。

映画のロケ誘致、撮影支援を行う機関はフィルム・コミッション(FC)と呼ばれ、この組織が製作サイドに対応することになります。アメリカでは1940年代から存在し、現在では日本各地に設立されています。

 

事例:都心部だけでなく、地方もロケツーリズムに注力

観光庁は平成26年(2014年)4月1日、「ロケツーリズム事例集」を発表しました。ロケツーリズムを効率的、効果的に推進するために作られたもので、「ロケ支援度の向上」、「ロケ地行楽度の向上」、「ロケ地との連携」、「観光客増加・リピーター確保」という4つの視点で、自治体や民間事業者の取り組みをまとめています。

この中からいくつか事例を紹介していきましょう。

山形県

「ガールズ列車」(スウィングガールズ)

「ガールズ列車」(スウィングガールズ)

山形県でロケが行われた映画は、「スゥイングガールズ」「おくりびと」「たそがれ清兵衛」「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」など。藤沢周平氏の作品が映画化されたことをきっかけに、ロケ誘致を盛んに行うようになり、官民一体となってロケツーリズムの活性化に取り組んでいます。一定の条件を満たせば制作費の支援をする制度も整えており、作品を作りやすい環境づくりを行っています。

観光客増加のための取り組みとして舞台となったローカル線に「ガールズ列車」(スウィングガールズ)が運行されました。また、観光もできるロケ地として庄内映画村をオープンしています。

富山県

富山県が配布する「富山アニメ観光MAP」

富山県が配布する「富山アニメ観光MAP」

富山県でロケが行われた映画は「春を背負って」「おおかみこどもの雨と雪」など。警察署、教育委員会などが協力的で、ロケの許可交渉が円滑に行え、製作サイドとの信頼関係の構築にも力を入れているそう。

観光客増加のための取り組みとして、ロケ地マップの作成や配布を行っており、地域の名産品を使用したタイアップ商品の販売も。

まとめ:官民一体で撮影に協力して、ロケツーリズムを活性化させよう

ロケツーリズムとは、映画やドラマの撮影に使われた場所への訪問を目的とした観光スタイルのこと。エンタメ作品によって、新たな観光資源を作り出すことができるのが大きなメリットです。

しかし、ロケツーリズムの活性化を図るには、早めに対応を行う必要があり、製作サイドとの協力が不可欠だと言われています。注力している地域は都市部のみならず、地方にも少なくありませんが、作品作りを円滑に進められるよう官民一体で、誘致を行う必要があります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…