日本スキー場は「パウダースノー」といわれる雪質により訪日外国人観光客に人気のある観光地といわれています。それでは、そのインバウンド市場はどれくらいなのでしょうか?今回は、昨年6月に観光庁から発表されたスキー場に関する資料から、スキー場のインバウンド市況を見ていきましょう。

 

スキー場全体の市場規模(日本人含)は980億

スキー場全体の市場規模はどうなっているのでしょうか?観光庁による調査によると、全国517箇所のスキー場に対して行った最近3年間の売上金額が以下の表です。

スキー場の売上金額(最近3年間):観光庁

スキー場の売上金額(最近3年間):観光庁

こちらの昨年度のデータを見てみると、スキー場の売上金額は、「1,000万円~5,000万円未満」が22.4%と一番割合として多く、続いて「1億円~5億円未満」が17.4%、「100万円~1,000万円未満」が16.1%となっています。

こちらの売上高、割合から算出すると、市場規模はおよそ980億円となります。

スキー場の推定市場規模

スキー場の推定市場規模

インバウンド収益は58億

スキー場の来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

スキー場の来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

それでは、インバウンド収益を試算してみましょう。観光庁のアンケートによれば訪日外国人客はアジア系2.8%、西欧系2.3%、それ以外が0.8%で合計5.9%となります。

とすると、試算としては58億円ほどのインバウンド市場となります。

また、訪日外国人観光客来場者は、およそ10%ほど日本人よりも消費額が多い傾向にあるため、インバウンド市場額はもう少し上振れる可能性が高くあります。

 

訪日外国人観光客は人気のスキー場に集まる傾向

スキー場の規模鑑別来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

スキー場の規模鑑別来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

訪日外国人観光客はどのようなスキー場に訪れるのでしょうか。来場者の訪問元をスキー場の来場客数別にみると、規模が大きくなるほど、訪日外国人観光客が増える傾向が見て取れます。

訪日外国人観光客も日本のスキー場を調べたり、実際に訪れる際は、やはり観光できている以上有名なところに行く傾向があるのだと思われます。

インバウンド対応を課題とするスキー場は50%だが、未対策が多い現状

それでは、各スキー場はインバウンド対策としてどのような課題を持ち、取り組んでいるのでしょうか。こちらの表を見てみると、「海外へのスキー場のPR・魅力発信」「外国人客の受入環境整備」「交通アクセスの改善」などのインバウンドに関連する課題においては、どれも「課題としている」との回答がおよそ50%程度です。

スキー場のインバウンド課題の認識状況

スキー場のインバウンド課題の認識状況

しかしながら、これらの課題について「取り組んでいない」との回答が軒並み60%、「取り組んでいるが、成果が出ていない」との回答がおよそ20%程度となっており、まだまだ対策の余地がありそうな模様です。

スキー場のインバウンド課題への取り組み状況

スキー場のインバウンド課題への取り組み状況

 

まとめ:スキーの盛り返しにインバウンドが効果あるかも?

先日ご紹介したディズニーリゾートの推定インバウンド収益200億と比較してしまうと、58億というインバウンド市場規模は少々小さい印象をうける結果となりました。

しかしながら、日本人のスキー人口減少により厳しい状況にあるスキー場にとっては非常に重要な市場になるのではないでしょうか。観光庁の「レジャー白書2014」によれば、スキー・スノーボード人口は、1998年に1,800万人に達したものの、その後は減少傾向で推移し、2013年ではスキー・スノーボード合計で770万人と、ピーク時の4割強まで減少してしまっています。

また、スキー場の内、5割がインバウンド誘致を課題としていながら対策ができていない現状を考えれば、今後伸びしろがある市場とも考えられます。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…