スキー場のインバウンド市場規模は?課題を認識していながら取り組めていない現状

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本スキー場は「パウダースノー」といわれる雪質により訪日外国人観光客に人気のある観光地といわれています。

それでは、そのインバウンド市場はどれくらいなのでしょうか?今回は、2015年6月に観光庁から発表されたスキー場に関する資料から、スキー場のインバウンド市況を見ていきましょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

スキー場全体の市場規模(日本人含)は980億

スキー場全体の市場規模はどうなっているのでしょうか?

観光庁による調査によると、全国517箇所のスキー場に対して行った3シーズン(2011~2012年、2012~2013年、2013~2014年)の売上金額別の、以下の表です。

スキー場の売上金額(最近3年間):観光庁

スキー場の売上金額(最近3年間):観光庁

こちらの昨年度のデータを見てみると、スキー場の売上金額は、「1,000万円~5,000万円未満」が22.4%と一番割合として多く、続いて「1億円~5億円未満」が17.4%、「100万円~1,000万円未満」が16.1%となっています。

こちらの売上高、割合から算出すると、市場規模はおよそ980億円となります。

スキー場の推定市場規模

スキー場の推定市場規模

スキー場のインバウンド収益「58億円」来場者の内訳から試算

スキー場の来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

スキー場の来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

それでは、インバウンド収益を試算してみましょう。

観光庁のアンケートによれば訪日外国人客はアジア系2.8%、欧米系2.3%、それ以外が0.8%で合計5.9%となります。この数字をもとに試算すれば、58億円ほどのインバウンド市場となります。

また、訪日外国人観光客来場者は、およそ10%ほど日本人よりも消費額が多い傾向にあるため、インバウンド市場額はもう少し上振れる可能性が高くあります。

訪日外国人観光客は人気のスキー場に集まる傾向

スキー場の規模鑑別来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

スキー場の規模鑑別来場者の内訳(2013-2014年シーズン):観光庁

訪日外国人観光客はどのようなスキー場に訪れるのでしょうか。

来場者の訪問元をスキー場の来場客数別にみると、規模が大きくなるほど、訪日外国人観光客が増える傾向が見て取れます。

訪日外国人観光客も日本のスキー場を調べたり、実際に訪れる際は、やはり観光できている以上有名なところに行く傾向があるのだと思われます。

インバウンド対応を課題とするスキー場は50%:対策なしが多い現状

それでは、各スキー場はインバウンド対策としてどのような課題を持ち、取り組んでいるのでしょうか。

こちらの表を見てみると、「海外へのスキー場のPR・魅力発信」「外国人客の受入環境整備」「交通アクセスの改善」などのインバウンドに関連する課題においては、どれも「課題としている」との回答がおよそ50%程度です。

スキー場のインバウンド課題の認識状況

スキー場のインバウンド課題の認識状況

しかしながら、これらの課題について「取り組んでいない」との回答が軒並み60%、「取り組んでいるが、成果が出ていない」との回答がおよそ20%程度となっており、まだまだ対策の余地がありそうな模様です。

スキー場のインバウンド課題への取り組み状況

スキー場のインバウンド課題への取り組み状況

スキー市場の回復、インバウンドへの訴求がカギに?

先日ご紹介したディズニーリゾートの推定インバウンド収益200億と比較してしまうと、58億というインバウンド市場規模は少々小さい印象をうける結果となりました。

しかしながら、日本人のスキー人口減少により厳しい状況にあるスキー場にとっては非常に重要な市場になるのではないでしょうか。

観光庁の「レジャー白書2014」によれば、スキー・スノーボード人口は1998年に1,800万人に達したものの、その後は減少傾向で推移し、2013年ではスキー・スノーボード合計で770万人とピーク時の4割強まで減少してしまっています。

またスキー場の内、5割がインバウンド誘致を課題としていながら対策ができていない現状を考えれば、今後伸びしろがある市場とも考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに