訪日外国人観光客の集客におけるFacebookページの重要性や運用事例については、以前から訪日ラボでも触れてきました。

<関連記事>

今回は、実際に多言語でFacebookページを運用するにあたって、どうやって多言語対応をしていくべきなのか、その方法をまとめました。前編として、考えられる3つの手法と、そのメリット・デメリット、後編として、実際の設定方法をご紹介します。

 

Facebookページで多言語対応するには3つの手法がある

訪日外国人の集客のためにFacebookページを立ち上げよう!となった際に困るのが「どうやって多言語で投稿するか」です。その方法にはざっくりと3つのパターンが考えられます。

  1. ターゲットとなる訪日外国人観光客の言語ごとにFacebookページを作成
  2. 1つのFacebookページを作成し、1つの投稿に日本語と外国語を混ぜて投稿する
  3. 1つのFacebookページを作成し、Facebookの「複数の言語で投稿する」機能を活用する

結論から言うと、3番目の『「複数の言語で投稿する」機能を活用』するのがオススメなのですが、それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

1. ターゲットとなる訪日外国人観光客の言語ごとにFacebookページを作成

例えば「インバウンドホテル」というホテルがFacebookページを運用するとしましょう。このホテルのターゲットが、日本人、アメリカ人、タイ人だった場合、日本人向けに「インバウンドホテル」、英語圏訪日外国人観光客向けに「inbound hotel」、タイ人向けに「ขาเข้า โรงแรม」と、3種類のFacebookページを同時に運用する、といった手法です。

これは、Facebookが2013年ごろにグローバル対応(多言語対応)する前には一般的な手法でしたが、現在ではあまりオススメとは言えません。メリットとデメリットは

  • メリット
    • どの国のファンが多いのかページごとで集計できる
    • 言語ごとにページを作るので、ページ名をローカライズ(翻訳)できる
    • 特定の国向けにカバー画像などをローライズしやすい
  • デメリット
    • ファン数がそれぞれのページに分散してしまう
    • 対応言語の数だけページが増え、運用に難あり

などが考えられます。こちらの場合、メリットとしてあげられるのが、言語ごとにページ名を変えられることです。以前はページ名も多言語対応出来たのですが、現状できない模様のためです(詳細は[後編]にて)。

また、メリットとしてあげている「どの国のファンが多いのかページごとで集計できる」についても、Facebookページの機能『インサイト』の『利用者』から参照できるので、言語ごとにFacebookページをわけなくても、どの国のファンが多いかは集計を取ることができます。

「インサイト」からファンの属性をチェックできる

「インサイト」からファンの属性をチェックできる

なによりデメリットとして、ファン数が各言語ごとのページに分散してしまうことがあります。そのため、ユーザーに対して「流行っている感」の演出力に乏しい手法となります。

2. 1つのFacebookページを作成し、1つの投稿に日本語と外国語を混ぜて投稿する

先ほどの例の「インバウンドホテル」が「インバウンドホテル」という名称でページを作成したとします。そして、投稿をする際に、1つの投稿に対し、日本語、英語、タイ語を併記して投稿する、といった手法です。メリット、デメリットは

  • メリット
    • 1つのページにファン数が集約される
    • 1つのページに多数の国のファンがつき、エンゲージメント(≒ファンとの交流度)が上がりFacebookから評価されやすい
  • デメリット
    • 投稿が長くなり「もっと見る」をクリックしなければ全部の投稿内容を見ることが出来ない
    • 多言語投稿に気づかれない可能性大
    • ページ名をローカライズ(翻訳)できない

などがあります。例えば、日本語、英語、タイ語で以下のように投稿したとすると、

日本語、英語、タイ語を併記した投稿をすると…

日本語、英語、タイ語を併記した投稿をすると…

アプリでは12行、WEBでは5行しか表示されません。

「さらに表示」や「もっと見る」で省略されてしまう

「さらに表示」や「もっと見る」で省略されてしまう

「さらに表示」や「もっと見る」をタップやクリックしなければならず、上記の状態だと、パソコン、スマホどちらから見たとしても、一見ではタイ語でも書かれていることが一切わかりません。

そのため、せっかく翻訳までして多言語で投稿したとしても、「その言語の存在に気付かれない」という可能性が非常に高いのです。

3. 1つのFacebookページを作成し、Facebookの「複数の言語で投稿する」機能を活用する

「インバウンドホテル」の例で言えば「インバウンドホテル」という名称でページを作成。投稿の際には、1つの投稿に対し、Facebookの機能を使って日本語、英語、タイ語を投稿し、ユーザーの言語や住む地域によって自動で振り分けるようにする、という手法です。

  • メリット
    • 1つのページにファン数が集約される
    • 1つのページに多数の国のファンがつき、エンゲージメント(≒ファンとの交流度)が上がりFacebookから評価されやすい
    • ユーザーの特性によって自動で適切な言語が表示される
  • デメリット
    • ページ名をローカライズ(翻訳)できない

冒頭でもふれたとおり、現状ではこの手法が最も理想的な運用方法と言えます。先にご紹介した2つの手法のメリットを踏襲しており、またほとんどのデメリットを潰しています。

ユーザーの言語設定によって自動で表示言語が変わる

ユーザーの言語設定によって自動で表示言語が変わる

 

この方法をとることで、「もっと見る」に隠されてしまいユーザーが使用する言語も併記されていることに気づかれない、ということもなくなり、ファン数も統合されエンゲージメントも上がります。

 

まとめ:インバウンド対策としてFacebookページを作るには運用のイメージを持っておくことが重要

今回は現状考えられるFacebookページの多言語対応の手法3種類についてご紹介しました。インバウンド対策としてFacebookを開設するには、ターゲットは誰なのか、何を目的に運営するのか、翻訳も含めた運用はどうしていくのかなどを事前にイメージしておくことが重要です。そのイメージをもとに、今回ご紹介した手法のうち、どれをとっていくかを考えてみましょう。

次回は、3つ目の手法『1つのFacebookページを作成し、Facebookの「複数の言語で投稿する」機能を活用する』の設定方法についてご紹介します。

<後編はこちら>

 

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…