2016年8月17日、日本政府観光局(JNTO)より2016年7月の訪日外客数が発表されました。

JNTOによると、2016年7月の訪日外客数は、前年同月比19.7%増の229.7万人で、7月として過去最高だった前年同月を超え、さらに、単月としても過去最高であった2016年4月も超えており、ダブルで過去最高となる月となりました。

多くの市場で夏期休暇シーズンとなり、訪日旅行需要がピークを迎えた7月。クルーズ船の大幅な寄港増加や航空路線の新規就航・増便に加え、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションの効果により、絶好調だった7月の各市場の様子をご紹介します。

<先月のJNTOプレスリリースまとめはこちら>

 

単月訪日外客数200万人を大幅に超え、229.7万人で過去最高達成!

先月のJNTOプレスリリースまとめでも触れたとおり、7月は各国のバケーション需要が重なり、インバウンド需要がピークを迎えた模様。今年7月の訪日外客数229.7万人という数字は、7月として過去最高だった前年同月の191.8万人を30万人弱超過、さらに、単月としても過去最高であった2016年4月の208.2万人も20万人超で超えるものです。

平成28年7月の訪日外客数:JNTOの資料をもとに訪日ラボ作成

平成28年7月の訪日外客数:JNTOの資料をもとに訪日ラボ作成

この増加トレンドは8月も続く模様:各国の夏休みシーズンは8月まで

今回の8月の訪日外客数の増加は、7〜8月の各国の夏休みシーズンによるバケーション需要が後押ししたものと見られます。このトレンドは引き続き8月まで続くものと見られ、来月も200万人突破はほぼ確実と思われます。

8月も夏休み期間が続く訪日主要国は以下のとおり。

  • 中国:7月〜8月下旬
  • 韓国:7月下旬〜8月下旬
  • 台湾:7月〜8月末
  • 香港:7月中旬〜8月末
  • アメリカ:6月中旬〜8月末

今年の1月〜7月までの訪日外客数は、主に中国・台湾・香港市場にて順調な伸びを見せており、それぞれの訪日外客数および前年比増加率は、

  • 中国:3,807,900人(38.2%増)
  • 台湾:2,552,800人(18.5%増)
  • 香港:1,052,800人(23.8%増)

となっています。

平成28年1月〜7月の訪日外客数:JNTOの資料をもとに訪日ラボ作成

平成28年1月〜7月の訪日外客数:JNTOの資料をもとに訪日ラボ作成

 

各市場の様子:中国が4ヶ月連続で50万人オーバー!

中国市場では前年同月比26.8%増の731,400人で、全体同様7月として&単月として過去最高であり、今回の7月の全体市場の好調を牽引した結果となりました。

4月以降の推移は

  • 4月:514,867人(前年同月比26.9%増)
  • 5月:507,200人(  〃  31.0%増)
  • 6月:507,200人(  〃  26.0%増)
  • 7月:731,400人(  〃  26.8%増)

と、4月以降から3ヶ月連続で50万人超えの推移をしており、7月はそれを大幅に超える外客数を獲得しました。

要因は中国の夏休みシーズンのピークを迎えたことと、クルーズ船の寄港増加が訪日中国人観光客数の増加に大きく寄与。また個人旅行(FIT)需要も堅調とのこと。

クルーズ船需要については以下の記事で詳細に説明しています。

韓国市場も先月に続き堅調な伸びで30%増の44.7万人

7月において、訪日中国人観光客の次に訪日客が多かったのは韓国市場です。前年同月比30%増の44.7万人を記録し、6月につづいて前年比30%超増加を果たしました。

熊本地震の影響を受け、今年5月は2014年6月以来初のマイナス成長をし、今後の影響が心配されていたものの、熊本地震以前の成長水準まで復活。熊本地震で運休していた航空戦の再開や新規就航、増便などが追い風になりました。

さらに、夏休み旅行期間の九州旅行者を対象に最大70%OFFになる「九州ふっこう割」を活用した旅行商品が、7月末から韓国にて販売されたこともあり、8月以降の韓国市場の推移には注目です。

 

まとめ:8月も引き続き順調な伸びが見込める

訪日外客数を牽引する東アジアの国々は8月も夏休みシーズンが続きます。そのため、7月に引き続き8月もバケーション需要による順調な伸びが続くものと見られ、前年8月が181.7万人であったことを考えると200万人超えは必至の見込み。

8月において注目すべきはクルーズ船需要が好調の中国と、「九州ふっこう割」を活用した旅行商品による韓国への影響でしょう。また、リオオリンピック閉幕式での東京五輪PR「トーキョーショー」世界中で話題になったことから、多少なりとも8月の訪日外客数に影響する可能性は高いと思われます。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…