非常に消費動向が高い訪日タイ人観光客ですが、近年では各国でトランジットツアーなどを利用して訪日する観光客も増えてきています。日本のトランジットサービスには何が必要なのか、海外の人気空港の事例に学びつつ、今後あるべき主要空港の姿を考えてみましょう。

 

訪日タイ人観光客によく利用されるスワンナプーム国際空港

タイのバンコク中心部から32km東に位置するスワンナプーム国際空港は、訪日タイ人観光客が最も利用する空港です。直行便が多く出ており、トランジットが必要なく便利になっています。新バンコク国際空港とも呼ばれます。

東南アジア圏からの観光客のトランジットとしても利用される

台湾の桃園国際空港やシンガポールのチャンギ空港と並ぶ東南アジアのハブ空港だったドンムアン空港が手狭になったことで開発されたスワンナプーム国際空港は、多くの国際便が発着していることから東南アジア圏のトランジット先としてもよく利用されています。

 

訪日タイ人観光客のトランジット利用が増えている

訪日タイ人観光客は中国や台湾、韓国、香港、シンガポールなどでトランジット旅行を楽しむ旅行客も一定数います。特に人気の台湾の桃園国際空港では無料のトランジットツアーで台北市内を半日かけて観光できるため、世界中からトランジット旅客が集まっています。

シンガポールや韓国でトランジットツアーに参加する訪日タイ人観光客

訪日タイ人観光客に人気桃園国際空港の他に、シンガポールのチャンギ空港や韓国の仁川空港でトランジットタイム中に免税店で買い物をしたり、無料ツアーに参加する観光客が増えています。この2国は世界的に見ても免税店に力を入れており、他国では受けられないようなお得なサービスを提供しています。

 

訪日タイ人観光客のトランジット旅客を取り込む戦略とは

近年、観光立国として本格的に始動した日本ですが、各国のトランジット向けサービスに習い成田空港で無料のトランジットツアーを2015年3月からスタートさせています。「Narita Transit Program」と呼ばれるプログラムには、成田市を半日かけて観光したりイオンなどでのショッピングを楽しめます。

訪日タイ人観光客が多い福岡でもトランジット旅客向けの対応が急がれる

観光の中心となる関東、関西圏と比べて東南アジアから比較的近い福岡は訪日外国人観光客が増加傾向にあり訪日タイ人観光客もその対象に入っています。しかし、福岡空港ではトランジット向けのサービスがまだ充実しておらず、せっかくのプロモーションの場を逃していることになります。訪日旅行を目的としていないトランジット旅客を取り込むことも今後は重要になってくるでしょう。

 

まとめ:訪日タイ人観光客の誘致に向けたトランジットサービスの強化

訪日タイ人観光客は旅行者数が少ないものの、消費欲は非常に高くあらゆるカテゴリの消費動向調査で上位に食い込んでいます。しかし、日本のタイへのプロモーションやトランジット向けのサービスの充実はまだまだ十分とは言えず、今後は2020年までに対策の強化が急がれると考えられます。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…