近年その数を増やしている訪日タイ人観光客は、我が国のインバウンド観光産業において無視することのできない非常に重要な顧客となっています。その訪日タイ人観光客の満足度を高め、さらなるインバウンド誘致のためにタイ人を採用することのメリットなどについて、説明していきます。

 

訪日タイ人観光客のインバウンド観光における状況

タイでは、経済成長が進んだ結果、日本への観光旅行はもはや当たり前のものになりつつあります。富裕層だけでなく中間層に当たる人達でも、日本に気軽に旅行に来ることができるようになりました。

また、元々が親日国であることに加え、インターネットの普及によって様々な情報にアクセスしやすくなったことで、タイ人の日本への旅行はブームといってよい状況にあります。

訪日タイ人観光客の言語上の傾向

タイは、歴史上ずっと独立国を維持してきたことからタイ語文化が強く維持されています。そのためか、英語を理解できる人が少なく、日本語を理解する人はさらに限られてきます。

そういった状況にあるため、日本でのインバウンド観光対策としては、タイ語による案内を行うことがもっとも直接的かつ効果的な対策ということになります。

 

訪日タイ人観光客対策としてのタイ人採用の効果

訪日タイ人観光客の対策として、タイ語が最も効果的である以上、その言語を理解するタイ人を採用し、案内などを行ってもらうのが最も近道です。そして、近年では、日本への観光がしやすくなったことなどが後押しとなり、日本に就職を希望するタイ人の数も増えてきているという状況にあるようです。

訪日タイ人観光客対策に適したタイ人を採用するにあたっての困難さ

訪日タイ人観光客対策として、タイ人を採用することで、言語面での案内などにメリットが生じます。しかしながら、日本語とタイ語をしっかり理解しつつ、適切な翻訳ができる人材ということになると、簡単に見つけることはできない可能性があります。

 

より優秀なタイ人を採用する可能性を広げるために

本当に優秀な人材が必要であれば、ただ待っているだけでは採用することはできません。インバウンド観光対策は、昨今はどこも力を入れています。

そのため、採用を本気で考えるならば、タイでの現地説明会を開催したり、広告業者に依頼するなどの費用がかかってもタイ語での求人情報をインターネットによって行うなど、積極的な対策が求められます。

コストを抑えて訪日タイ人観光客誘客を強化したい場合

小規模な事業者などの場合、現地説明会や広告業者に依頼するなどの対応をとることは難しいと思われます。

その場合には、手間はかかりますが、タイ人を国内で応募し、採用後に教育しながら、適切な人材に育て上げていくという方法もないわけではありません。また、必要な場面になった時だけ、人材派遣会社などを活用するというのも選択肢のひとつといえます。

 

まとめ:タイ人の採用により訪日タイ人観光客向けのインバウンド観光対策を進めていくために

タイ人の日本語はもちろん、英語もあまり得意でないという特性から考えると、インバウンド観光における訪日タイ人観光客の誘客をさらに進めるためには、優秀なタイ人を採用してその言語力を活かしてもらうのが最適な選択ということになります。

こういったコストをかけられない事業者の場合でも、何らかの工夫と努力でタイ語ができる人材やサービスなどを導入してくことが望ましいでしょう。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…