訪日外国人観光客の増加を受け、政府は東京オリンピックが開催される2020年までに、現在の約2倍である4,000万人、2030年までには6,000万人の訪日外国人観光客を誘致することを目標としています。

都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率:観光庁より引用

都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率:観光庁より引用

そのような状況にある日本ですが、インバウンド誘致において未だに多くの課題を抱えています。

その課題の中でよく取り上げられるのが、訪日外国人観光客向けの「宿泊施設不足」。

観光庁のデータによると、大都市圏の客室稼働率(*)は東京で77.4%、大阪で81.6%になっており、とても高い数値を記録しています。

観光地として人気の京都府では、71.3%。全国平均である57.2%と比較すると訪日外国人観光客に人気の地域では客室稼働率が高いことがわかります。客室稼働率が高いということは、ホテルや旅館など宿泊施設に空きがなく、インバウンド向け宿泊施設が不足していることを意味します。

現在より多くの訪日外国人観光客を呼び込むためには、宿泊施設を増設することは急務であるといえます。

そのような状況の中、地方を中心に日本古来の「古民家」を宿泊施設やエンターテイメント施設として再活用することによる、インバウンド誘致の取り組みが始まっています。

*客室稼働率:ホテルや旅館などの宿泊施設において、全客室の内、実際に顧客に利用されている客室の割合のこと。

<関連記事>

 

[例①]徳島県三好市の祖谷地区:3年間で2.5倍のインバウンド誘致に成功

「桃源郷祖谷の山里」ホームページより引用

「桃源郷祖谷の山里」ホームページより引用

観光庁の「平成27年版観光白書」では、「古民家」を活用したインバウンド誘致の好例として、「徳島県祖谷地区」がとりあげられています。

徳島県祖谷地区では、古民家を再生した宿泊施設を8棟用意。訪日外国人観光客の取り込みに成功しました。

三好市東祖谷には平家落人伝説、かやぶき集落などの伝統文化があり、以前から地域の観光資材を資源を活かした観光事業が検討されていました。

地域の魅力をアピールしやすい「着地型観光」(*)を促進するために、訪日外国人観光客向け宿泊施設の整備は急務。そのような状況の中、注目され始めたのがこれらの古民家だったとのこと。

平成27年版観光白書:観光庁より引用

平成27年版観光白書:観光庁より引用

また、徳島県三好市東祖谷は、重要伝統的建造物群保存地区(*)に指定されており、自治体が古民家を改修する際も、国から多額の補助金が支給されました。

結果的に、訪日外国人観光客の宿泊者数は2010年から、東北震災のあった2011年を除いて、増え続けています。

着地型観光:参加者が特定地域に現地集合、現地解散する新しい観光のかたちを

*重要伝統的建造物群保存地区:日本の市町村が条例などにより決定した伝統的建造物群保存地区のうち、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したもの。

<関連記事>

「桃源郷祖谷の山里」では「浮生」「蒼天」「晴耕」など和を感じられる日本語をコンセプトとした8種類のかやぶき民家宿泊が可能

「桃源郷祖谷の山里」ホームページより引用

「桃源郷祖谷の山里」ホームページより引用

徳島県祖谷地区の古民家を再活用した宿泊施設として人気が高い「桃源郷祖谷の山里」

「浮生」「晴耕」「雨読」「雲外」「蒼天」「悠居」「談山」「天一方」など、「和」を感じることのできる日本語をコンセプトとした8種類のかやぶき民家での宿泊が可能です。

Facebookページでも900件以上のいいねを獲得しており、訪日外国人観光客にとって「古民家」のような「和」を体感できる宿泊施設は人気を集めていることがわかります。

 

[例②]兵庫県「集落丸山」:米HomeAwayが、NOTEグループと提携し古民家再活用によるインバウンド誘致&地域活性化を促進

“THE WHOLE HOUSE. THE WHOLE FAMILY. A WHOLE VACATION”をコンセプトに一軒家や別荘の一棟貸しを行う米企業「HomeAway」は、地方における古民家を再生活用した宿泊施設の整備・導入を行う会社「一般社団法人ノオト」(以下、NOTE)と2016日9月1日、パートナシップを締結しました。両社は、古民家を再活用し、地方においてインバウンド誘致を進めていきます。

NOTEのホームページ上では、兵庫県にある「集落丸山」における古民家を再活用した、インバウンド誘致と地域活性化に関して同社の取り組みが紹介されています。

一般社団法人「ノウト」ホームページより引用

一般社団法人「ノウト」ホームページより引用

NOTEは、「集落丸山」において、古民家3棟をオーベルジュ(*)に改装。訪日外国人観光客に日本の暮らしの体験を提供しています。

また、集落丸山における訪日外国人観光客誘致の取り組みは、農林水産省の資料でも取り上げられており、「集落丸山」の古民家の再活用を通じたインバウンド誘致は国からも評価を受けていることがわかります。

*オーベルジュ:郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン。

 

[例③]忍者堂 -Ninjado- 和文化体験屋敷:「古民家」×「忍者」で訪日外国人観光客誘致

ハイ・パートナーズ株式会社より引用

ハイ・パートナーズ株式会社より引用

ハイ・パートナーズ株式会社は10月1日、「忍者堂 -Ninjado- 和文化体験屋敷」を京都市伏見区にオープンしました。これは、「忍者」をコンセプトとした施設。古民家を活用して開業されました。

「忍者堂 -Ninjado- 和文化体験屋敷」では、忍者衣装に着替えて、忍者体験と「忍者堂」付近の自由散策ができるサービスを提供。

また、忍者堂施設内のレンタルスペースを一般の人々に開放。教室やレッスン、セミナーの開催、写真撮影など幅広く活用ができます。

訪日外国人観光客の集客を見込んで、施設内では英語での接客やムスリムの対応が可能です。

 

まとめ:「古民家」の再活用は訪日外国人観光客誘致に有効 「日本らしさ」をもとめるインバウンド層の増加が背景に

訪日外国人観光客の「モノ」から「コト」へのニーズの変化により、以前と比べて多くの訪日外国人観光客が、「日本らしさ」「日本でしかできない体験」を求める傾向にあります。

そのような背景の受け、「古民家」のような和を感じることのできる資材を再活用して、インバウンド誘致を進める動きは全国各地で広まっており、それと同時に国からの評価も受けています。これからもこのような動きは広がりを見せることが予測されます。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…