日本にお金を落としてくれる、インバウンド消費。日本の消費が伸びないなか、海外から訪れる観光客は貴重な財源となりつつあり、2015年ではインバウンド消費は3兆円規模となる大きな市場です。とりわけその中でも大きな消費をしてくれているのが、訪日中国人です。

訪日中国人観光客の行動パターンは、団体で動く。

これは、ツアーの特性上致し方ないのかもしれませんが、中国でも日本向けのツアーを比較的安価に設定し、その代り個別にカスタマイズされたプランではなく、団体で移動するツアーにならざるを得ません。したがって、周りに仲間がいるという集団心理が働き自国の融通を通そうとしてしまいます。

訪日中国人観光客の性格とは?

彼らは、広い国土に多民族で生活しています。なので、自国の領土をはっきりと主張しないと、敵に奪われてしまう可能性があり、その為、主義主張を非常に強くアピールします。領土が広く、人口密度も都市部を除いては低いので、1人1人のパーソナルスペースが確保されており、比較的大きな声で話す人が多いと言われています。

 

訪日中国人観光客の行動の特徴とは?

これは日本人でもそうかもしれませんが、旅の恥はかき捨てという異国で気が大きくなっている事に加え、集団で行動しているという心理から、強気で価格の交渉などをしてきます。携帯電話ショップで、当時の携帯電話を中国に持って帰りたい、なぜ契約できないのか?と英語でまくしたてるという光景が見えることも。店員さんも「日本でしか使えない」と説明していたのですが、全く取り合わない感じで、最後は怒って帰ってしまいました。

訪日中国人観光客の特性

行動パターンは観光地へバスで乗り付け、徒党を組んで観光、大声で話す、自撮り棒を使って辺り構わず、写真を撮り、どこでも入っていってしまいます。また日本の家電に対して、憧れがあるのか、ご存じのようにポット、シャワー付きトイレ便座、炊飯器を大量に買い込みます。

 

訪日中国人観光客を理解するには

基本的に全く異文化で育った人達なので、数日でその人達の文化を理解するのは無理です。しかし、せっかく日本に来てくれているのだから、その間は嫌な思いをしないで帰ってもらいたいと思えば、多少のことは目をつぶれると思います。

言葉の壁も大きいです。

中国は、基本の言語だけでも4種あります。同じ中国人同士でも会話が成立しないことも多々あります。それが異国に来て、英語でもなく中国語で話されても我々は全く分かりません。しかし、彼らは中国語がどこでも通じると思っているところがあります。日本人がハワイなどで日本語で通そうとしているのとどこか通じるものがあるのではないでしょうか。

 

訪日中国人観光客の評判は確かにあまりよくないものの…

彼らは、まだ海外旅行し始めたばかりの経験の浅い人達で、自分たちの文化がどこでも通ずると思っているのです。円高バブルなどで海外に繰り出していた日本人と大差ないのではないでしょうか。この先10数年経ったころ、異国の文化などに尊敬を持ち出すのでしょう。

 

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…