この記事は約3分で読み終わります。

訪日台湾人観光客を理解する上では訪日数統計が役立ちます。訪日台湾人観光客の人数は年々増加傾向にあり、詳しく見ていくと訪日台湾人観光客の特徴が見えてきます。

 

訪日台湾人観光客の年度別人数

台湾人の外国旅行者数と訪日客数の推移(2006年〜 2015年):JNTOより引用

台湾人の外国旅行者数と訪日客数の推移(2006年〜 2015年):JNTOより引用

まずは統計資料から訪日台湾人観光客の訪日人数を見ていきましょう。2010年では日本を訪れる訪日台湾人観光客の数は126万人程度、2011年は東日本大震災の影響で99万人程度に落ち込むものの、2012年には147万人に増加してから順調に増加し続け、2015年には350万人を突破し約368万人に達します。

訪日台湾人観光客の訪日人数の増加ペース

2011年以降、2012年は前年比47%増、2013年は51%増、2014年は28%増、2015年は29%増と、訪日台湾人観光客の訪日人数が着々と増えてきています。この傾向は今後も続くと見られます。

 

訪日台湾人観光客が訪れる時期

訪日台湾人観光客の月別外客数推移

訪日台湾人観光客の月別外客数推移

そんな訪日台湾人観光客はどのような時期に日本にやってくるのでしょうか。特に多いのが6月、7月で、この時期は台湾での夏休みシーズンにあたります。対して、中華圏のインバウンドで注目される春節(旧正月)は、多少増加する傾向があるものの、夏休みほどの神通は見込めないことも特徴です。

<関連>

 

訪日台湾人観光客が訪れる都市

訪日台湾人観光客が訪れる都市として人気なのが東京都で、33.7%の訪日台湾人観光客が訪れています。次いで千葉県、大阪府にも人気が集まっています。その他では京都や北海道、沖縄も訪日台湾人観光客には人気です。

<関連>

 

台湾の海外旅行事情とは:日本だけが突出して伸びている

台湾人の海外旅行先ランキングTOP10の5年間推移

台湾人の海外旅行先ランキングTOP10の5年間推移

それでは、台湾人の海外旅行の人気渡航先はどうなっているでしょうか?一時期まで2位、3位にランクインしていた香港やマカオの人気が下落、その他東南アジアの国々は横ばいの傾向です。

そのなか、2011年以降日本のみが急激な上昇を見せており、台湾国内での訪日旅行ブームがうかがい知れます。

<関連>

 

中国を訪れる台湾人は依然として多い

また、中国を訪れる台湾人は大変多く、ここ数年は不動の1位となっています。2014年で比較しても訪日台湾人観光客の2倍程度になります。地理的に近いこと、ビジネスでの渡航が盛んであること、そして観光先としても中国が人気であることが背景にあると考えられます。

 

まとめ:訪日台湾人観光客の訪日人数は年々増加している

訪日台湾人観光客の訪日人数は爆発的に増えてきています。それだけ日本の良さが台湾で広まってきている証ですが、訪日台湾人観光客は夏に日本を訪れる事が多いのも特徴です。また、台湾人は観光地として中国を選ぶこともポイントですが、東南アジアの人気は横ばいで、日本のみが人気急上昇していることもおさえておきましょう。

<参照>

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…