日本の交通機関は、サービスの品質の高さから訪日外国人観光客から高い評価を得ています。しかし、鉄道やバスなどの移動手段は、まだまだ案内表示や多言語対応の問題など課題は山積みとなっています。

こちらの記事では、訪日台湾人観光客が利用するJRや地下鉄などの移動手段と、満足度調査のデータについてご紹介していきます。

 

訪日台湾人観光客は台湾最大の桃園空港を利用する

桃園市大園区に位置する台湾桃園国際空港はチャイナエアラインとエバー航空がハブ空港として利用しており、毎日台湾内外から多くの飛行機が行き交っています。

訪日台湾人観光客のほとんどがこの桃園空港を利用しており、目的地は成田・羽田ラインが最も多くなっています。

日帰り観光として台湾から近い福岡空港や那覇空港なども人気

桃園空港や台北松山空港、高雄国際空港など台湾の主要空港から2時間半で行ける福岡空港や、1時間で行ける那覇空港も訪日台湾人観光客が増えており、新定番の観光スポットと位置づけられています。

福岡へは日帰りでショッピングやグルメを楽しむ訪日台湾人観光客が多く、沖縄へは海を中心とした自然やグルメを目的として訪れています。

 

訪日台湾人観光客のメインとなる移動手段とは?

ほとんどの訪日台湾人観光客が成田・羽田・関西空港から訪日し、東京や大阪観光を中心としたグルメやショッピング、景勝地観光を楽しんでいます。

その間に最も利用される移動手段はJRで43.3%、続いて地下鉄が23.3%となっています。なお、交通パスは全体のおよそ9割以上が利用しており、台湾人は特にチャージ式のICカードパスの利用比率は他国を上回っています。

訪日台湾人観光客のタクシーやバスの利用客が少ない理由とは?

訪日台湾人観光客のタクシーとバスの利用率はともに8.0%と低くなっています。両者を使わない理由としてはタクシーは運賃が高いことがネックに感じるから、そしてバスは利用するための手段が分からない、情報が手に入らなかったという回答が最も多くなっています。

これらのことから、日本国内のバス会社は観光立国に向けたインバウンド対策が急務になっていると言えるでしょう。

 

訪日台湾人観光客の移動手段利用による満足度

JRを利用した訪日台湾人観光客の100%が程度に差はあっても「満足」だと回答しています。また、地下鉄については0.8%を除いて満足だという結果になっています。これらの満足した主な理由については、「快適さ」と「分かりやすさ」が挙げられています。

移動手段の分かりにくさが訪日台湾人観光客を悩ませている

JRや地下鉄などの移動手段の利用についてほとんどの訪日台湾人観光客が満足だと回答していますが、問題となっている点もあります。

「目的地を定める」「切符を買う」といったことに対する不満は他国の旅行客よりも半分以下となっていますが、「電車を乗り換える」「目的地に近い出口を探す」といった点については他国よりも若干悩む傾向にあるようです。

 

まとめ:移動手段のインフラ整備の充実化が求められている

近年、観光立国を目指すことを打ち出した日本政府ですが、交通機関の訪日外国人観光客へ向けたインフラ整備はまだまだ整ってはいない状況です。

今後、急速に対策が進むと思いますが、リピーター獲得のためにもまずはスマートフォンの交通アプリや観光サイトの充実が重要になると考えられます。

 

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…