平成27年(2015年)度から観光庁が行っている、広域観光周遊ルート形成促進事業。同年6月に7つの広域観光周遊ルートが決定され、日本各地の観光資源を活用したモデルコースの策定などが行われてきましたが、関東地方や沖縄県は含まれていませんでした。なお、広域観光周遊ルートの詳細については、こちらの記事でご確認ください(広域観光周遊ルートで分かる、地域による訪日外国人観光客のニーズの違いとは?:訪日ラボ)。

しかし、これらの地域を含む広域観光周遊ルート4つが2016年6月14日、新たに決定されました。これで日本のほぼ全地域が組み込まれた形になります。今回は、新たに決定された広域観光周遊ルートの詳細を確認してみましょう。

 

新たに決まった広域観光周遊ルートは北海道、関東地方、山陰地方、沖縄県の4つ

平成27年度に決定された広域観光周遊ルート

平成27年度に決定された広域観光周遊ルート

新たに広域観光周遊ルートとして決定されたのは北海道の一部を対象とした「日本のてっぺん。きた北海道ルート。」、東京都、その周辺地域を対象とした「東京回廊(仮称)」、山陰地方を対象とした「縁の道~山陰~」、沖縄県を対象とした「Be.Okinawa 琉球列島周遊ルート」の全4種類。

平成27年度に決定した7つのルートでは漏れてしまった地域がメインになっています。ほぼすべての広域観光周遊ルートで、広く欧米、アジア諸国の訪日外国人観光客を対象としていますが、各国の訪日外国人観光客の傾向が大きく異なります。このことを考慮すると、新たに登場した4ルートでも、平成27年度に決定した広域観光周遊ルート同様、複数のモデルコースが設定されると思われます。

日本のてっぺん。きた北海道ルート。

日本のてっぺん。きた北海道ルート。

日本のてっぺん。きた北海道ルート。

「日本のてっぺん。きた北海道ルート。」は、訪日外国人観光客が数多く訪れる札幌、旭川と北北海道の各地を広域観光周遊ルートとして繋いだもの。空知総合振興局、石狩振興局、上川総合振興局、留萌振興局、宗谷総合振興局が対象地域となっています。

欧米、アジア圏のFIT(個人旅行者)、リピーターを主要なターゲットとしており、グルメや自然、森、湖、鳥などに焦点を当てたテーマ型ツーリズムが可能だとしています。目標は、平成32年(2020年)度に旅行者数300万人を達成すること。これは平成26年(2014年)度の旅行者数の約2倍にあたります。

東京回廊(仮称)

東京回廊(仮称)

東京回廊(仮称)

「東京回廊(仮称)」は東京都とその周辺地域からなる広域観光周遊ルート。2020年東京オリンピック、パラリンピックの影響で東京に一極集中する訪日外国人観光客を、周辺の都道府県に周遊させることを目的としています。

対象となるのは福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県(11都県)。大都市として知られる東京と周辺地域の自然、景勝地のギャップを活用したプロモーションを行うとしています。

ターゲットとなるのは中国や台湾、韓国、タイなどのアジア諸国に加え、欧米などのFITリピーター層。11都県の広域観光促進地域の外国人宿泊者数を、平成32年度内に約1,600万に増加させることを目標としています。

縁の道~山陰~

縁の道~山陰~

縁の道~山陰~

「縁の道~山陰~」は、鳥取県、島根県、山口県萩市の広域観光周遊ルート。これらの地域は日本の最も古い歴史を持っており、神話や伝説をテーマに山陰地方の自然や伝統文化などが体験できるとしています。

目標は、平成32年(2020年)までに外国人宿泊者数25万を達成すること。ターゲットは日本を旅慣れており、新たな日本の一面を探している欧米や香港、台湾のリピーターです。今後はレンタカーを活用した観光ルートの模索などを行う予定。

Be.Okinawa 琉球列島周遊ルート

Be.Okinawa 琉球列島周遊ルート

Be.Okinawa 琉球列島周遊ルート

「Be.Okinawa 琉球列島周遊ルート」は沖縄圏の島々を巡る広域観光周遊ルート。沖縄本島に加え、久米島地域、宮古諸島地域、八重山諸島地域の離島15か所が対象となります。

それぞれの島の自然が主な観光資源で、台湾や香港、韓国、中国、シンガポール、タイなどのアジア諸国に加え、欧米、オーストラリアが対象市場。他の広域観光周遊ルートとは異なり、ロシアからの訪日外国人観光客の需要も見込んでいます。

目標は、外国人宿泊数を平成30年度(2020年)までに868万、平成32年度(2022年)までに1,325万まで増加させること。今後は交通機関の整備、多言語対応の強化などのインバウンド対策を行うとしています。

 

まとめ:日本のほぼすべてが広域観光周遊ルートに

今回の広域観光周遊ルートの決定により、日本のほぼ全地域が組み込まれた形になります。これにより、プロモーションの切り口や訪日外国人観光客が利用する交通機関、旅行スタイル、訪問する観光地などに影響があると思われ、各地域の観光業者は詳細に把握しておきたいものです。

執筆時点ではモデルコースなどの詳細は発表されていません。今後の動向にも注意していきましょう。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…