訪日外国人旅行者とインバウンド消費の動向 日本政策投資銀行より引用

訪日外国人旅行者とインバウンド消費の動向 日本政策投資銀行より引用

2014年10月1日に観光庁の発表により消費税免税制度が拡充され、免税に適用される対象物が広がり、新たに食品類、飲料類、薬品類、化粧品類などを含む消耗品も免税の対象になりました。

翌年2015年5月1日には、同じく観光庁の発表により免税対象金額が引き下げられ、これにより以前であれば免税対象になる金額が10,000円超であったものが5,000円まで引き下がりました。

この免税緩和の影響もあり、訪日外国人観光客の飲料類の購入額も伸びています。

観光庁の統計をもとに作成された日本政策投資銀行のデータによれば、訪日外国人観光客の飲料類に対する支出が増えています。飲料類はこれから成長が見込めるであろうインバウンド市場であるということが言えるでしょう。

そのような状況下にある飲料業界。大手飲料メーカーこれまでにどのようなインバウンド対策に取り組んできたのでしょうか。

以前ご紹介した記事「飲料メーカーのインバウンド対策とは?大手企業の訪日外国人観光客集客術を紹介」から、大手飲料メーカー「サントリーホールディングス株式会社」(以下、サントリー)のインバウンド対策に関して、もう少し掘り下げてご紹介。

<関連記事>

 

小売店・飲食店と提携:訪日外国人観光客送客が目的

サントリーの関連企業である「サントリー酒類株式会社」は、2016年9月19日から飲食店や小売店と提携して、訪日外国人観光客を相互に送客するための仕組みの構築を開始しています。

具体的な仕組みとしては、

  1. サントリーの酒類を扱う飲食店情報が掲載されたパンフレットを小売店で配布。
  2. 訪日外国人観光客が小売店での買い物後にその飲食店に訪れる。

というもの。

始めに大阪市と福岡市内の「ドン・キホーテ」2店舗と、その周辺の飲食店で、この取り組みを開始します。専用パンフレットは、ドン・キホーテの店舗やホテルなどに6万部用意され、買い物後や宿泊後に訪日外国人観光客にサントリー酒類を扱う飲食店への訪問を促します。

また、飲食店でサントリーのビールなどを飲んだ後に、ドン・キホーテの店舗を訪れて3,000円以上の買い物をした訪日外国人観光客に賞品もプレゼントするとのこと。

このように、サントリーでは「飲食」と「購買」を結び付けることで、訪日外国人観光客にサントリー酒類の消費喚起を行います。

 

タクシー大手「日本交通」と提携し「茶屋タクシー」を導入:「日本らしさ」を武器に訪日外国人観光客におもてなし

サントリーの関連企業である「サントリー食品インターナショナル」は、大手タクシー会社「日本交通株式会社」と提携し、「伊右衛門 おもてなしタクシー」を導入しました。2016年7月5日から同年8月4日まで、都内23区・武蔵野市・三鷹市で運行が行われました。

このタクシーは、サントリーの茶飲料「伊右衛門」と京都の茶屋をマッチングさせたようなイメージが売りです。車内は、のれんや風鈴、特注の座席シートカバーが設置してあり、「涼」を体感することのできる仕様になっています。

また、「夏の伊右衛門500ml」や限定グッズがプレゼントとして訪日外国人観光客に無料配布されます。

増加傾向にある訪日外国人観光客に、「おもてなしの心」を満喫してもらい、サントリーの知名度向上を促すことが「伊右衛門 おもてなしタクシー」導入の理由です。

 

Facebook上で800件のいいね&TripAdvisorでも高評価を獲得:山崎蒸溜所が訪日外国人観光客に人気

サントリー山崎蒸溜所

サントリー山崎蒸溜所

サントリー山崎蒸溜所 レビュー欄 TripAdvisorより引用

サントリー山崎蒸溜所 レビュー欄 TripAdvisorより引用

サントリースピリッツ株式会社が運営する「サントリー山崎蒸溜所」。日本、訪日外国人観光客の来場者ともに、主に山崎ブランドや、サントリーのウイスキーづくりに強く興味、関心を持っていることが多く、それらの来場者向けに日本最高クラスのウイスキーテイスティングを含めた工場ツアー、各種イベントを行っています。

下記の記事でも取り上げたようにサントリー山崎蒸溜所は訪日外国人観光客の人気スポットとなっています。

観光口コミサイト「TripAdvisor」でも多くの訪日外国人観光客のレビューとともに高い評価を受けています。さらに同サイト発表の「行ってよかった!工場見学&社会科見学ランキング2016」でも上位にランクインしています。

また、Facebook上では、約6,000人の訪問とともに874件のいいねを獲得しています。世界各国出身の訪日外国人観光客から100件以上のコメントが見られ、平均で4.8/5の評価を受けています。

サントリー山崎蒸溜所ページ:Facebookより引用

サントリー山崎蒸溜所ページ:Facebookより引用

これらの訪日外国人観光客による人気をうけ、より快適に見学できるよう、パンフレットの多言語化(英語・中国語)や、製造工程見学のオーディオガイド整備(英語・フランス語・中国語)などを行っています。

蒸溜所を訪れる全ての来場者に、山崎ブランドやサントリーウイスキーのファンになってもらえるよう、「Yamazaki」のブランド力を駆使しサントリーの訪日外国人観光客への知名度向上を狙っています。

<関連記事>

 

まとめ:サントリーでは「訪日外国人観光客送客システムの構築」と「ブランド力向上」に分けたインバウンド対策を実施

サントリーでは、インバウンド対策の一部として

  1. 小売店・飲食店と提携することによる訪日外国人観光客送客システムの構築
  2. 「おもてなしタクシー」の導入や「サントリー山崎蒸溜所」運営による「ブランド力向上」

の2つに取り組んでいます。

多くの訪日外国人観光客が、日本に来る前に期待していたこととして「ショッピング」と回答する傾向にあります。そのため、飲料・飲食業界に限らずさまざまな業界において、各社の提供するサービスや商品を「購買行動」と結び付けることでインバウンド収益につながる可能性があります。

また、中長期的に見た場合、「ブランド力向上」による海外での知名度の上昇は多くを意味します。一見、すぐに訪日外国人観光客の消費行動につながるように見えづらいこうしたプロモーションも、将来的なインバウンド収益の増大につながります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…