この記事は約2分で読み終わります。

訪日韓国人観光客は2015年には400万人で、リピーターが多く短期滞在型の旅行が特徴です。日本の隣国ですが国民性も異なるので訪日韓国人観光客の性格や特性を把握して接客することが必要になります。儒教に根ざした人間関係や、複雑な日本観を把握して接客する必要があります。

 

儒教思想が根付いている訪日韓国人観光客の特性と性格

儒教の影響が強いので年功序列に敏感な性格が特徴です。目上の人に対する敬意を表すことが必要です。社会的地位の差や性別などが人間関係において重要なので、それぞれの立場をわきまえた行動が重視されます。また日本以上に受験に熱心で高学歴志向が強いことも特徴です。

訪日韓国人観光客の特性と性格に合わせた宴席でのマナー

前述の通り、儒教の思想により年功序列に敏感な性格なので、宴席では目上の人に対しては両手でお酌をします。また目上の人にお酌をしてもらったお酒は横を向いて飲むのが特徴的です。また酒類、とくに焼酎は一気飲みするのがマナーという特性があります。喫煙は目上の人の前では慎むことも多いです。

 

はっきりとした態度表明をするのが訪日韓国人観光客の特性

立場をわきまえた行動が重視される一方で、物事ははっきり言うのが特徴です。曖昧な態度や性格は嫌がられます。怒った時などはかなり直接的な表現をするのが特性です。日本人よりスキンシップを好む性格で、握手や肩を組んだりして親愛の情を表すことが多いのが特徴です。

せっかちな人が多いのが訪日韓国人観光客の特性

訪日韓国人観光客はせっかちな性格の人が多いのが特徴です。そのため行列などで待つことは苦手です。自動車を運転している場合、赤信号でも人がいなければ発進してしまうこともあるという特性があります。日本でのマナーを理解してもらいましょう。

 

自国と民族に対しての誇りが強い特性の訪日韓国人観光客

訪日韓国人観光客は自国と民族について誇り高い性格です。同じ民族の北朝鮮に対しては複雑な思いを抱いている人もいるので、韓国のことを朝鮮とよばれることには抵抗をおぼえる人も少なくありません。ビジネスシーンはもとより、接客・接遇でのおもてなしでは政治や宗教に関する発言はタブーですが、念のため注意しましょう。

訪日韓国人観光客の対日観の特徴と特性

歴史的な問題もあるため訪日韓国人観光客は必ずしも親日的とはいえない性格をもっています。しかし、一般的に日本人に対しては、親切で勤勉な性格というポジティブなイメージを持っています。

反面、日本人は表情に乏しく、何を考えているかわからないという印象も持つ人もいます。若い人は自国のマスコミを通じてでなくインターネットで日本の実情を知りつつあり親近感を抱く人が多くなっている特徴があります。

 

まとめ:確実に増加している訪日韓国人観光客

訪日韓国人観光客数は2012年の204万人から2015年の400万人までわずか3年で2倍と大幅に増加しているのが特徴です。訪日韓国人観光客の特性や性格を理解して迎え入れましょう。信用した人には親切で情が厚い性格なので丁寧なおもてなしをすればリピーターになってもらうことも十分見込めます。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…