この記事は約3分で読み終わります。

訪日台湾人観光客の14.2%が四季に期待をよせており、全国籍平均(10.7%)よりも高い水準となっています。台湾は1月でも平均最低気温が13℃程度であり、年間を通して温暖で四季がはっきりしないためだと思われます。

そこで、訪日台湾人観光客にとって日本の四季のどこに魅力を感じているかを、台湾人の人気日本観光スポットをもとにして考えます。観光スポットのそれぞれに四季の良さがあると思いますが、台湾人の目線で、その観光スポットのどんな点に魅力を感じるのかを考慮したいと思います。

 

訪日台湾人観光客が注目する秋・冬の伏見稲荷大社

京都伏見稲荷大社:wikimedia.orgより引用

京都伏見稲荷大社:wikimedia.orgより引用

まずは1300年以上の歴史を持っている京都伏見稲荷大社です。日本の神社の代表格としてインバウンドだけでなく、日本人にも有名な観光スポットです。特に京都伏見稲荷大社の紅葉は見どころで、朱色の鳥居と真っ赤に染まった紅葉が四季を感じられ綺麗です。

冬の伏見稲荷大社が訪日台湾人観光客に人気な理由

冬の時期は四季の中でも全体的にインバウンドも減るため、飛行機チケットも手に入りやすくなる時期です。あわせて、雪化粧をした京都伏見稲荷大社も美しいため、インバウンドの流入も見込めるということです。日本の伝統的な宗教、神道は台湾にはないため、魅力を感じやすいといえます。

 

訪日台湾人観光客が初夏に集まる沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館:wikimedia.orgより引用

沖縄美ら海水族館:wikimedia.orgより引用

初夏に人気な観光スポットの1つに「沖縄美ら海水族館」があります。台湾は沖縄に近く、年間の平均気温も似通ってはいるものの、沖縄の海の綺麗さはやはり特別です。台湾人のインバウンドに受ける観光スポットとしては指折りです。

沖縄観光は訪日台湾人観光客にとっては必須項目

最近特に沖縄が訪日台湾人観光客に人気がある理由として、交通の便が挙げられます。LCCが沖縄那覇―台北桃園間を飛んでいるので、台湾人にとって沖縄観光はより身近なものになりました。また、近年では沖縄でのブライダルツーリズムが流行しており、インバウンドにおいて注目が集まっています。

 

春は訪日台湾人観光客にとって絶好の日本観光の季節

花見スポットとなる新宿御苑:wikimedia.orgより引用

花見スポットとなる新宿御苑:wikimedia.orgより引用

春は多くの人にとって、観光に適した季節です。訪日台湾人観光客に特に人気があるのが東京観光ですが、その中でも新宿御苑は桜を見ることもできるため、絶好の観光スポットです。新宿は横浜にも近いため、一緒に観光するのにも便利です。

春の季節に訪日台湾人観光客が訪れる可能性の高い横浜

四季のうちでも春は気温が暖かいため、移動、宿泊など何かにつけて観光が楽な季節です。桜の観光スポットも訪日台湾人には魅力的です。東京、横浜は台湾人はもとより中国人にも有名な場所で、大岡川プロムナードなどは、インバウンド流入も見込める観光スポットです。

 

まとめ:日本の四季を把握するのがポイント

気温が比較的一定している南の国台湾と違って、日本には四季があり、そこに訪日台湾人観光客は魅力を感じるということを把握することが、インバウンドの動きを知る一つの方法です。

日系LCCが台湾に進出することで富裕層だけでなく、一般的な観光客層もより一層日本観光を意識するようになっているといえます。

<参照>

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…