この記事は約3分で読み終わります。

訪日中国人観光客の数は増えていますが、逆に「宿泊施設が足らない」といった声も聞かれるようになってきています。まず知っておきたいのが訪日中国人観光客の宿泊日数です。訪日中国人観光客は平均でどれくらい日本に滞在していくのでしょうか。

 

統計から見る宿泊日数

訪日中国人観光客の宿泊数から統計から見ていきましょう。訪日中国人観光客の宿泊数は平均で12.7泊となっており、東アジア圏訪日外国人観光客のなかでは長め、欧米系訪日外国人観光客と比較すると短めの滞在となっています。

東アジアの訪日客の宿泊日数の特徴

前述の通り、東アジアからくる訪日客は全体として宿泊数が少ない傾向にあります。韓国は5.2泊、台湾で6.4泊、香港であれば5.9泊となっており、中国は東アジア勢のなかでは比較的長い傾向にあることがわかります。

これらの東アジアの訪日外国人観光客の泊数が短いのは、地理的な要因が考えられます。ちょうど、日本人が台湾や韓国に週末旅行に出かけるように、東アジア訪日外国人観光客もまた、訪日旅行を週末の国内旅行の延長線上にとらえている傾向があります。

東アジアのなかで何故訪日中国人観光客は宿泊日数が長いのか

中国は東アジアのなかで最も日本に渡航しにくい国となっています。他の韓国、台湾、香港がビザ免除国(ビザの発行をしなくても日本に入国できる国)であるのに対し、中国はビザの申請・取得が必要です。

基本的には1次ビザ(1回の申請・取得で1回の訪日が許されるビザ)が発給されることになり、数次ビザ(1回の申請・取得で数回の訪日が許されるビザ)を取得するには「相当の高所得を有する者とその家族」に該当する必要があり、訪日難易度が高いと言えます。

そのため、他の東アジア訪日外国人観光客のように「気軽な週末旅行」といった体での訪日旅行はやや難しく、したがって1度の訪日で滞在期間が長くなる傾向にあります。もちろん、(現在ではそうでもないものの)団体旅行客が他の訪日外国人観光客と比較して多いことから、安定した滞在日数が望め、したがって平均泊数の下支えをしている面もあります。

訪日中国人観光客はどこに泊まるのか

訪日中国人観光客は一体どこに泊まるのでしょうか。訪日中国人観光客が選択する主要な宿泊先がホテルで、訪日中国人観光客の実に88.0%が洋室タイプのホテルに宿泊しています。

訪日中国人観光客にホテルが選ばれる理由とは

ホテルが訪日中国人観光客に利用されやすい理由として、「訪日中国人観光客は団体客が多い」ことも関係してきています。団体旅行で来る訪日中国人観光客は、団体旅行でゴールデンルートを巡るパターンが多く、都市部での宿泊が多くなります。したがって、ホテルの利用が多い、という特徴があります。

 

まとめ:訪日中国人観光客と宿泊日数について

訪日中国人観光客の平均宿泊日数は12.7泊となっており、全体からしたら少なくなっています。これは中国と日本の近さも関係してきています。とはいえ、東アジアの国々から来る外国人よりは長くなっています。また、訪日中国人観光客がよく利用する圧倒的にホテルであることもポイントです。

<参照>

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…