観光立国を目指している日本政府。外国から訪れる観光客の方も、急激な勢いで増えています。日本人向けだけのビジネスを考えている企業は、一考の余地がある時代になってきました。

訪日外国人観光客に対応し、インバウンド消費を効率よくビジネスにできるように対応していくこと。これが今の時代に求められる態度です。そんなインバウンド対応の一例として、今回はホテルや旅館に求められるインバウンド対策をご紹介します。

 

訪日外国人に人気の宿泊先ー新宿

2015年の訪日外国人の旅行消費額および構成比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

2015年の訪日外国人の旅行消費額および構成比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客のインバウンド消費として、総額のおよそ四分の一を占める宿泊費。ここ数年ではドミトリーや民泊の利用で若干消費割合が落ちているものの、観光旅行である以上、宿泊に関する需要がなくなることはありません。

日本には泊まりがけで来るのが一般的。そして、訪日外国人観光客に人気の地域は、新宿だといわれています。

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)ー「 ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌」より引用

東京への訪日外国人観光客は、その3人に1人が新宿で宿泊しています。新宿の利便性の高さを求めて、好んで宿泊しているというデータが出ています。多様な宿泊施設がそろっていて、買い物がしやすく、また交通アクセスが抜群なのも魅力。もちろん新宿の多くのホテルでは外国人対応のスタッフをそろえています。

値段がリーズナブルなホテルも多く、宿泊しやすいのが人気の秘密だといわれています。訪日外国人観光客といっても、爆買いをするようなお金持ちばかりではないことが、このデータから伺えます。それなりの値段と充実したサービスが求められることは、疑いのない事実です

東京以外でインバウンドの消費拡大に成功しているホテルがあります。その特徴をみていきましょう。

 

一番のインバウンド対策はシンプルな宿泊プラン

ホテルや旅館の宿泊プランはシンプルにすることが成功の鍵だといわれています。

ホテルや旅館をインターネット予約したことがある方なら、宿泊プランの豊富さがアダになって逆にわかりにくく、選択するのが面倒くさくなってしまった経験がおありではないでしょうか?

プランがとにかく複雑で、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまう・・・日本人でも宿泊一つで苦労してしまいます。

ただでさえ、見知らぬ土地での宿泊施設の予約にはハードルがあるもの。この複雑なプラン体系を簡素にしたほうが、外国人にはわかりやすく、人気だといわれています。

 

訪日外国人にとって話しやすい雰囲気か

ホテルスタッフの多くが外国語対応している、または外国人慣れしていて、会話のしやすい雰囲気を作ってあるのもインバウンド消費につながると言われています。

日本人と比べたら訪日外国人観光客は社交性がありそうに思えてしまいますが、海外旅行は慣れない土地で精神的にも疲労してしまうもの。宿泊施設では、ゆっくりくつろいで、おしゃべりを楽しみたい、というのは訪日外国人観光客も日本人と同じ。ホテルスタッフも、英語や中国語をはじめとした外国語ができなければいけない時代です。

中には宿泊施設のアクティビティーとして、訪日外国人に日本語のレッスンを行ったりするのも好評だといわれています。その他には、帰ってきたらスタッフが自分の家の家族のように迎えてくれる暖かさや安心感。これも外国人観光客を取り込むには絶対に必要なことといえるでしょう。

ホテル一つとっても、ただ単に訪日外国人を宿泊させればいい、というものでもなくなってきました。複雑すぎて迷ってしまうプランをシンプルにし、訪日外国人対応の暖かいホテルにすること。訪日外国人相手でなくとも、日本人に対しても十分通じる方法ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

<欧米系訪日外国人観光客データ集>

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…