ホテルや旅館に求められるインバウンド対策…英語対応だけで大丈夫?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光立国を目指している日本政府。外国から訪れる観光客の方も、急激な勢いで増えています。日本人向けだけのビジネスを考えている企業は、一考の余地がある時代になってきました。

訪日外国人観光客に対応し、インバウンド消費を効率よくビジネスにできるように対応していくこと。これが今の時代に求められる態度です。そんなインバウンド対応の一例として、今回はホテルや旅館に求められるインバウンド対策をご紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日外国人に人気の宿泊先ー新宿

2015年の訪日外国人の旅行消費額および構成比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

2015年の訪日外国人の旅行消費額および構成比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客インバウンド消費として、総額のおよそ四分の一を占める宿泊費。ここ数年ではドミトリー民泊の利用で若干消費割合が落ちているものの、観光旅行である以上、宿泊に関する需要がなくなることはありません。

日本には泊まりがけで来るのが一般的。そして、訪日外国人観光客に人気の地域は、新宿だといわれています。

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)ー「 ニッポンのインバウンド“参与観察"日誌」より引用

東京への訪日外国人観光客は、その3人に1人が新宿で宿泊しています。新宿の利便性の高さを求めて、好んで宿泊しているというデータが出ています。多様な宿泊施設がそろっていて、買い物がしやすく、また交通アクセスが抜群なのも魅力。もちろん新宿の多くのホテルでは外国人対応のスタッフをそろえています。

値段がリーズナブルなホテルも多く、宿泊しやすいのが人気の秘密だといわれています。訪日外国人観光客といっても、爆買いをするようなお金持ちばかりではないことが、このデータから伺えます。それなりの値段と充実したサービスが求められることは、疑いのない事実です

東京以外でインバウンドの消費拡大に成功しているホテルがあります。その特徴をみていきましょう。

 

一番のインバウンド対策はシンプルな宿泊プラン

ホテルや旅館の宿泊プランはシンプルにすることが成功の鍵だといわれています。

ホテルや旅館をインターネット予約したことがある方なら、宿泊プランの豊富さがアダになって逆にわかりにくく、選択するのが面倒くさくなってしまった経験がおありではないでしょうか?

プランがとにかく複雑で、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまう・・・日本人でも宿泊一つで苦労してしまいます。

ただでさえ、見知らぬ土地での宿泊施設の予約にはハードルがあるもの。この複雑なプラン体系を簡素にしたほうが、外国人にはわかりやすく、人気だといわれています。

 

訪日外国人にとって話しやすい雰囲気か

ホテルスタッフの多くが外国語対応している、または外国人慣れしていて、会話のしやすい雰囲気を作ってあるのもインバウンド消費につながると言われています。

日本人と比べたら訪日外国人観光客は社交性がありそうに思えてしまいますが、海外旅行は慣れない土地で精神的にも疲労してしまうもの。宿泊施設では、ゆっくりくつろいで、おしゃべりを楽しみたい、というのは訪日外国人観光客も日本人と同じ。ホテルスタッフも、英語や中国語をはじめとした外国語ができなければいけない時代です。

中には宿泊施設のアクティビティーとして、訪日外国人に日本語のレッスンを行ったりするのも好評だといわれています。その他には、帰ってきたらスタッフが自分の家の家族のように迎えてくれる暖かさや安心感。これも外国人観光客を取り込むには絶対に必要なことといえるでしょう。

ホテル一つとっても、ただ単に訪日外国人を宿泊させればいい、というものでもなくなってきました。複雑すぎて迷ってしまうプランをシンプルにし、訪日外国人対応の暖かいホテルにすること。訪日外国人相手でなくとも、日本人に対しても十分通じる方法ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

<欧米系訪日外国人観光客データ集>

データでわかる訪日アメリカ人観光客

ニューヨーク人口密度は1,800人/km2(日本でいうと東京の1/3くらい。埼玉と同じくらいの人口密度)。国全体の人口密度は33.7人/km2(日本でいうと東京の1/200くらい。北海道の1/2くらいの人口密度)

データでわかる訪日カナダ人観光客

訪日カナダ人観光客は、2015年で231,390人の外客数、312億円(2014年)のインバウンド消費で、インバウンド市場の中ではそこまで大きい存在ではありません。しかしながら、2011年の東日本大震災以降、毎年10〜30%の伸び率で着実に拡大しつつある市場でもあります。

データでわかる訪日英国人観光客

「ジェントルマン」発祥の地、イギリスからやってくる訪日英国人観光客はマナーやエチケットには敏感な性格を持ちます。基本的に相手との間に距離を置いた付き合い方をするため、欧米系の顔だからといって対米国人に接するときのような、あまりにもフレンドリーな態度は控えたほうが賢明です。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに